おすすめモバイルバッテリーの選び方!自分のスマートフォンに適したバッテリーを購入しよう

更新日: 公開日:2016/06/29
スマートフォンを操作する女性

アラームで1日が始まり、LINE や Facebook、Twitter といった SNS から、電卓、メール、ナビや乗換案内のような便利ツール、そして電子マネーにカメラにゲームと、1日中スマホを操作しているとバッテリー残量との戦いになることがあります。

容量が 30% を切るあたりから、帰宅するまでバッテリーが持つか不安になることもしばしばあります。

職場で充電できるなら良いですが、出先だとモバイルバッテリーに頼らざるを得ません。今回はそんなバッテリー残量に悩まされることが無くなるよう、各スマートフォンに適したモバイルバッテリーを紹介していきます。

自分のスマホのバッテリー容量を認識しておこう

モバイルバッテリーを購入する前に、まずは自分の持っているスマートフォンのバッテリーの容量を確認しておきましょう。その容量に応じて、購入するバッテリーで何回分の充電ができるのかが分かります。モバイルバッテリーは容量が大きいほど重くなるので、1回分の充電ができる軽いバッテリーを求める人もいるでしょう。

軽さを求めるあまり容量が少なすぎるバッテリーを購入すると、満足できる充電量にならないケースもあるので、その点を踏まえて選ぶようにしてください。

実際に使える容量は表示値の70%くらい

モバイルバッテリーの容量が 10,000mAh の場合、実際に充電として使える容量は7割くらいになります。これは電圧の変換によりロスするもので、全てのモバイルバッテリーに対して言えることです。

つまり 3,000mAh のバッテリー容量を持つスマートフォンを充電するために、3,000mAh のモバイルバッテリーを用意してもフル充電ができないのです。このあたりの細かい説明は次の記事に掲載しているので、参考にしてください。

10000mAhのモバイルバッテリーでスマホをフル充電できる回数
10,000mAhのモバイルバッテリーでスマホを充電できる回数!ポイントは変換ロスを考慮すること
スマートフォンのバッテリー容量が 3,000mAh の場合、10,000mAh のモバイルバッテリーを使って3回フル充電することができません。 計算上は3回ちょ...

主要機種のバッテリー容量一覧

電圧の変換ロスを考慮すると、各種スマートフォンのバッテリー容量に対して、フル充電するために必要なモバイルバッテリーの容量は次の通りになります。

機種バッテリー容量充電に必要な容量
iPhone XS2,659mAh3,798mAh
iPhone XS Max3,179mAh4,542mAh
iPhone XR2,942mAh4,203mAh
iPhone X2,716mAh3,880mAh
iPhone 81,821mAh2,602mAh
iPhone 8 Plus2,691mAh3,844mAh
XPERIA XZ33,200mAh4,572mAh
XPERIA XZ2 premium3,400mAh4,857mAh
XPERIA XZ23,060mAh4,372mAh
XPERIA XZ2 compact2,760mAh3,943mAh
XPERIA XZ12,700mAh3,857mAh
XPERIA XZ1 compact2,700mAh3,857mAh
XPERIA XZ Premium3,230mAh4,614mAh
Pixel 32,915mAh4,164mAh
Pixel 3 XL3,430mAh4,900mAh

概算で1.5倍くらいすれば、必要な容量を求めることができます。

急速充電について理解しておこう

一般的な充電用アダプターは出力が 5.0V / 1.0A です。このアンペア数やボルト数が大きくなると、充電速度が向上します。日常においてバッテリーがなくなった時には、出来る限り短い時間で充電を済ませたいですよね。外出先で電源がとれるのであれば、急速充電に対応したアダプターを利用することで、より高速な充電を行うことができます。

高速充電可能なアダプター

こちらのアダプターは各ポート 5.0V / 2.4A なので、一般的なアダプターを利用するよりも2倍近く速く充電することができます。他にも急速充電に対応している機器は、概ね 2.0A ~ 3.0A の出力できる性能を持っています。

モバイルバッテリーを選ぶ際には、出力値のアンペア数にも注目してください!

急速充電のデメリットとしては、スマホバッテリーへの負荷が大きくなるための劣化が早くなるとも言われています。しかしバッテリー自体の性能が年々良くなっている点と、急速充電が主流になっているので、そこまで気にする必要はありません。

モバイルバッテリー選びのポイント

出力値の大きいバッテリーは充電のスピードが速い!

モバイルバッテリーの入力値は充電スピードを左右する

モバイルバッテリーの仕様説明には、入力・出力がそれぞれ記述されています。出力側はスマホへ充電する時の電力供給量、そして入力はバッテリー自身を充電するときの電力量になります。

この入力値が小さい(1.0A)と、バッテリー自身を充電するためのスピードが遅いので気をつけてください。最近のバッテリーは大半が 2.0A なので問題ないですが、スマホ側の充電ばかり意識してしまい、バッテリー本体の充電能力について気にせず買ってしまう人が多いので、注意喚起として記しておきます。

モバイルバッテリー選びのポイント

入力値が大きいと、モバイルバッテリー自体の充電速度が速くなる!

Quick Charge 2.0 / 3.0 とは?

その名の通り急速充電の規格で、アンペア数だけでなく、電圧も 5V から最大 20V まで調整されるため、更に高速で充電することが可能になります。ただし注意点として、Quick Charge 2.0 や 3.0 を利用するには充電器が対応しているだけでなく、スマートフォン自体も対応している必要があります。

具体的には通常の充電速度に対し、Quick Charge 2.0 は約3倍、そして Quick Charge 3.0 は約4倍のスピードで高速充電きます。バッテリーにも依りますが、30分あたりの充電量を比較しても一目瞭然です。

recommended-mobile-battery02

もしスマホ側が Quick Charge 2.0 や 3.0 に対応していない場合は、通常のモードで充電されます。そしてこの Quick Charge は下位互換しているので、Quick Charge 3.0 に対応している充電器を使用して、スマホが Quick Charge 2.0 に対応している場合は、2.0 として充電が行われます。

iPhone は残念ながら Quick Charge に対応していません。Android のみが恩恵を受けられる機能となっています。ちなみに、XPERIA は XZ 以降、Galaxy は S9 以降が Quick Charge 3.0 に対応しています。

急速充電に対応したケーブルを選ぶ

急速充電を行うには、相応のアンペア数に耐えられるケーブルが必要になります。僕が実際に使っているおすすめのケーブルを次の記事に掲載しているので、参考にしてください。

Android 用 micro USB ケーブルは安くて高品質な Anker 製品がおすすめ
Android 用のマイクロ USB ケーブルを購入するきっかけは様々かと思いますが、皆さんはどのような基準でケーブルを選んでいますか? 持ち運び用のサブで考え...

それではここからモバイルバッテリーの紹介です。

複数回充電可能な大容量バッテリー

以下紹介するのは、品質の高い製品を中心としています。安物の大容量バッテリーの中には、変換ロス値が高いものがあり、前述で実質 70% くらいまで落ちると説明したものが 60% 以下まで下がってしまう製品もあります。金額で選んで粗悪品をつかまないよう、信頼度の高い製品を選ぶようにしましょう!

【おすすめ】Anker PowerCore 10000 Redux

製品仕様
  • バッテリー容量 ……… 10,000mAh
  • 重量 …………………… 約 184g
  • サイズ ………………… 約 104 x 52 x 25 mm
  • 入力 …………………… 5V / 2A
  • 最大出力 ……………… 5V / 2.4A
  • USB ポート数 ………… 1つ

まず紹介するのは、リーズナブルな価格なのに品質が高い Anker(元Google社員が作った会社)の製品です。iPhone 8 であれば3.5回以上、XPERIA XZ シリーズでも2回以上のフル充電が可能です。あれこれ迷うなら、これを買っておけば間違いなしと言える製品です。

旧モデルでは 210g の重量でしたが、全体的にサイズがコンパクトになり軽量化されたのも大きなポイントです。もはやモバイルバッテリーはこれ一択と言えるくらい、おすすめできる製品です。

おすすめポイント
  • 出力 2.4A で急速充電対応
  • 10,000mAh を超える容量で 184g の軽さ
  • 独自規格 PowerIQ 2.0 に対応
  • 18 ヶ月の製品保証

Anker の製品には PowerIQ とは別に、独自技術 VoltageBoost の機能がついています。これはケーブルの抵抗値を検知して、電圧の調整を行ってくれます。普通に使っていても、あまり有り難みを実感することのない機能ですが、細部まで気が利いた良い機能なのです。

また、18 ヶ月の製品保証があるため、万が一何かあっても1年半の長期保証がついているので安心です。もし期間中に不具合が生じた場合は、Anker のカスタマーサポートへ連絡すれば、きちんと対処してくれます。

保証がしっかりしているのは、メーカー選びの重要なポイントです。ちなみに Amazon で購入する場合は、公式ショップである AnkerDirect から購入した場合に限るので、その点はお気をつけください。

Anker PowerCore 20000 Redux

製品仕様
  • バッテリー容量 ……… 20,000 mAh
  • 重量 …………………… 約 362g
  • サイズ ………………… 約 166 x 65 x 25 mm
  • 入力 …………………… 5V / 2A
  • 最大出力 ……………… 5V / 4.8A 各ポート最大 2.4A
  • USB ポート数 ………… 2つ

最初に紹介した製品の 20,000mAh 版です。こちらは容量だけでなく重量も大きいため、あまり持ち運びには適していません。実際にカバンに入れてみると、重いというのが正直な乾燥です。ただ災対用として用意するなら、これくらい大容量のほうが利便性は高いです!

おすすめポイント
  • 出力 2.4A で急速充電対応
  • 2台同時充電に対応
  • 20,000mAh を超える容量で 5,000円程度の低価格
  • 超大容量バッテリーで軽量化を実現
  • 独自規格 PowerIQ 2.0 に対応
  • 18 ヶ月の製品保証

もしノートパソコンの充電用にも使いたくて、大容量バッテリーを探しているのであれば、出力の大きな Power Delivery に対応した USB Type-C が付いた製品が必要になります。

値段を見て高いと思うかもしれません。しかしこの製品は、バッテリーだけでなく 3,000 円相当の Quick Charge 3.0 に対応したアダプター、そして Type-C 対応ケーブルも付属しています。19,000mAh の大容量でありながら Power Delivery 対応により、バッテリーのフル充電が 3.5 時間で終わってしまうのも大きな特徴です。

cheero Power Plus 3 10050mAh

製品仕様
  • バッテリー容量 ……… 10,050 mAh
  • 重量 …………………… 192g
  • サイズ ………………… 92 × 62 × 23mm
  • 入力 …………………… 5V / 2A
  • 最大出力 ……………… 5V / 2.4A(最大)
  • USB ポート数 ………… 2つ

日本のモバイルバッテリーメーカー cheero の製品です。AUTO-IC 機能とは cheero 独自機能で、接続した端末に応じて最適な電流で充電する仕組みです。

ポートが2つ付いているので、複数機種を充電するなら Anker よりも使い勝手が良いでしょう。ただし2ポート合わせて最大 2.4A なので、2台同時に急速充電することはできません。

おすすめポイント
  • バッテリー残量を4段階で確認できる
  • 最大出力 2.4A で急速充電対応
  • 2台同時充電に対応
  • 10,000mAh を超える容量で 2,300 円前後の低価格
  • 独自規格 AUTO-IC に対応
  • 製品保証は1年間

中規模サイズのバッテリー

続いて、10,000mAh も要らない、スマートフォンが1回フル充電できる、軽くてコンパクトなモバイルバッテリーを紹介しましょう。

cheero Slim 5300mAh

製品仕様
  • バッテリー容量 ……… 5,300 mAh
  • 重量 …………………… 140g
  • サイズ ………………… 約 122 × 62 × 10 mm
  • 入力 …………………… 5V = 2A
  • 最大出力 ……………… 5V = 2.4A
  • USB ポート数 ………… 1つ

1cm の薄さで、バッグの内ポケットに入れても邪魔になりません。5,000mAh あれば、どのスマートフォンであっても1回分以上のフル充電が可能です。機種によっては2回以上の充電が可能です。

性能は前述の cheero の製品と同じです。

おすすめポイント
  • 暑さ 1cm のスリムモデル
  • 2,000 円を切る低価格
  • 独自規格 AUTO-IC に対応
  • 丈夫なアルミボディー
  • 製品保証は1年間

一昔前は主流であった 5,000mAh のモバイルバッテリーですが、バッテリー容量に対して全体的に軽量化が図られたため、今ではこの容量のクラスでもコンパクトサイズと呼ばれる程になりました。

Anker PowerCore Fusion 5000

最後に紹介するのは、ちょっとイレギュラーな製品です。

製品仕様
  • バッテリー容量 ……… 5,000 mAh
  • 重量 …………………… 189g
  • サイズ ………………… 約 72 x 70 x 31mm
  • AC入力 …………………… 100-240V / 0.5A
  • AC出力 ……………… 5V / 2.1A
  • microUSB入力 …………………… 5V / 2.1A
  • USB出力 …………………… 5V / 3A (最大3A)
  • USB ポート数 ………… 2つ

電源付きのモバイルバッテリーで、発売当初すぐに品切れになるほど人気のある商品です。最大のポイントは、バッテリーがなくなったらコンセントに直挿しして充電できる点です。また、充電用アダプターとしても機能します。

おすすめポイント
  • バッテリー本体をコンセント直挿しで充電
  • 充電用アダプターとして使える
  • サイズが小さく持ち運びにちょうど良い
  • 18 ヶ月の製品保証

充電アダプターをセットで持ち歩くくらいなら、これ1台で済ませてしまったほうが荷物が少なくなります。用途次第ですが、個人的には一番お気に入りの製品です。

5,000mAh 以下のコンパクトバッテリーは減少傾向

各社、企業努力により本体の軽量化に成功したことで、5,000mAh や 10,000mAh のモバイルバッテリーでも、十分に持ち運びに耐えられる重量となりました。

そのため、小さなサイズのモバイルバッテリーは需要が減り、ほとんど新商品が出なくなってしまったのが現状です。あまり使い勝手の良い製品もないので、ここで紹介するまでに至りませんでした。

持ち運びに適したモデルは 200g 以下

モバイルバッテリーは自宅で使うものではないので、カバンに入れて重量が気にならないものを選ぶと良いです。

軽さを求めるなら 5,000mAh、そして頻繁にモバイルバッテリーを充電するのが手間であれば 10,000mAh を選ぶのがおすすめです。重量は 200g 前後であるため、そこまで重いと感じることはありません。

利用環境によって選び方は様々なので、ご自身にあったものをお選びください!

では最後に Amazon と楽天の人気ランキングを掲載しておくので、こちらも参考にしてみてください。

僕が選んだ製品は性能重視なので、Amazon ユーザーが好む製品の紹介となりましたが、楽天にはデザイン性に富んだバッテリーも多数揃っています。違う観点から、自分の用途にあった製品をぜひ見つけてください。

以上、おすすめモバイルバッテリーの紹介でした。

この記事をシェアする

最新の更新情報は、Twitter、Facebook、Freedly にてお届け!

NJ-CLUCKER RSS

このブログの運営者

NJ

元システムエンジニアから、個人事業主として独立。Web サイト運営、動画制作など活動の場を広げています。このブログでは、困ってたどり着いた人に、分かりやすく答えを提供できるように心掛けています。

更新情報は、Twitter や Facebook ページを参照ください。フォローお待ちしています。

Facebook ページ NJ-CLUCKER
このブログが役に立ったら
「いいね!」お願いします