おすすめモバイルバッテリーの選び方!自分のスマートフォンに適したバッテリーを購入しよう

2016/06/29

アラームで1日が始まり、LINE や Facebook、Twitter といった SNS から、電卓、メール、ナビや乗換案内のような便利ツール、そして電子マネーにカメラにゲームと、1日中スマホを操作しているとバッテリー残量との戦いになることがあります。

会社の帰り際になってバッテリー残量が 10% を切ってしまうと、一気に不安になってしまいませんか?残量 30% を切る辺りから使用を控えようと思っても、何かにつけて触ってしまうのがスマートフォンなんですよね。

職場で充電できるなら良いのですが、出先でどうしようもない場合はモバイルバッテリーに頼らざるを得ません。今回はそんなバッテリー残量に悩まされることが無くなるよう、各スマートフォンに適したバッテリーを紹介していきます。

自分のスマホのバッテリー容量を認識しておこう

バッテリーを購入する前に、まずは自分の持っているスマホのバッテリーの容量を確認しておきましょう。その容量に応じて、購入するバッテリーで何回分の充電が賄えるかが分かります。モバイルバッテリーは容量が大きいほど重くなるので、1回分の充電ができる軽いバッテリーを求める人もいるでしょう。

軽さを求めるあまり容量が少なすぎるバッテリーを購入すると、満足できる充電量にならないケースもあるので、その点を踏まえて選ぶようにしてください。

主要機種のバッテリー容量一覧

モバイルバッテリーの容量に対して、実際に充電として使える容量は7割くらいになります。つまり 1,000 mAh に対して 700 mAh 分が充電されます。これを逆算すると、各スマートフォンの機種に対して、バッテリー残量0の状態からフル充電するまでに必要なモバイルバッテリーの容量は次の通りとなります。

機種バッテリー容量充電に必要な容量
XPERIA Z33,100 mAh4,429 mAh
XPERIA Z3 compact2,600 mAh3,714 mAh
XPERIA Z42,930 mAh4,186 mAh
XPERIA A42,600 mAh3,714 mAh
XPERIA Z52,900 mAh4,143 mAh
XPERIA Z5 compact2,700 mAh3,857 mAh
XPERIA Z5 Premium3,430 mAh4,900 mAh
Xperia X Performance2,700 mAh3,857 mAh
XPERIA XZ2,900 mAh4,143 mAh
Xperia X Compact2,700 mAh3,857 mAh
iPhone 5S1,560 mAh2,229 mAh
iPhone 61,810 mAh2,586 mAh
iPhone 6 Plus2,915 mAh4,164 mAh
iPhone 6S1,715 mAh2,450 mAh
iPhone 6S Plus2,750 mAh3,929 mAh
iPhone SE1,624 mAh2,320 mAh
iPhone 71,960 mAh2,800 mAh
iPhone 7 Plus2,675 mAh3,821 mAh
Galaxy S6 edge2,600 mAh3,714 mAh
Galaxy S7 edge3,600 mAh5,143 mAh

急速充電について理解しておこう

一般的な充電用アダプターは出力が 5.0V / 1.0A です。このアンペア数やボルト数が大きくなると、充電速度が向上します。日常においてバッテリーがなくなった時には、出来る限り短い時間で充電を済ませたいですよね。外出先で電源がとれるのであれば、急速充電に対応したアダプターを利用することで、より高速な充電を行うことができます。

高速充電可能なアダプター

こちらのアダプターは各ポート 5.0V / 2.4A なので、一般的なアダプターを利用するよりも2倍近く早く充電することができます。急速充電に対応している機器は、概ね 2.0A ~ 3.0A の出力値を有しています。

モバイルバッテリーを選ぶ際には、出力値のアンペア数にも注目して選んでみると良いでしょう。

急速充電のデメリットとしては、スマホバッテリーへの負荷が大きくなるための劣化が早くなるとも言われています。しかしバッテリー自体の性能が年々良くなっている点と、急速充電が主流になってきているので、そこまで気にする必要はないのではないかと思っています。

モバイルバッテリーの入力値は充電スピードを左右する

モバイルバッテリーの仕様説明には、入力・出力がそれぞれ記述されています。出力側はスマホへ充電する時の電力供給量ですが、入力はバッテリー自身を充電するときにプラグから供給を受けられる電力量になります。

この入力値が小さい(1.0A)と、バッテリー自身を充電するためのスピードが遅いので気をつけてください。最近のバッテリーは大半が 2.0A なので問題ないですが、スマホ側の充電ばかり意識してしまい、バッテリー本体の充電能力について気にせず買ってしまう人が多いので、注意喚起として記しておきます。

Quick Charge 2.0 / 3.0 とは?

その名の通り急速充電の規格で、アンペア数だけでなく、電圧も 5V から最大 20V まで調整されるため、更に高速で充電することが可能になります。ただし注意点として、Quick Charge 2.0 や 3.0 を利用するには充電器が対応しているだけでなく、スマートフォン自体も対応している必要があるのです。

具体的には通常の充電速度に対し、Quick Charge 2.0 は約3倍、そして Quick Charge 3.0 は約4倍のスピードで高速充電を行うことができます。バッテリーにも依りますが、30分あたりの充電量を比較しても一目瞭然です。

recommended-mobile-battery02

もしスマホ側が Quick Charge 2.0 や 3.0 に対応していない場合は、通常のモードで充電が行われます。現状、ようやく 2.0 に対応する機種が増え始め、規格上 3.0 は定義されているものの、2016年6月28日現在、各携帯電話のキャリアから販売されているスマホで対応している機種はありません。

ただ、この Quick Charge は下位互換しているので、Quick Charge 3.0 に対応している充電器を使用して、スマホが Quick Charge 2.0 に対応している場合は、2.0 として充電が行われます。

iPhone は残念ながら Quick Charge 2.0 に対応していません。現状、Android のみが恩恵を受けられる機能となっています。ちなみに、XPERIA は Z3 以降、Galaxy は S6 Edge 以降が Quick Charge 2.0 に対応しています。

急速充電に対応したケーブルを選ぶ

急速充電を行うには、相応のアンペア数に耐えられるケーブルを用意する必要があります。おすすめのケーブルについては、僕が使っているケーブルを前に紹介しているので、そちらのページを参照ください。

Android 用 micro USB ケーブルは安くて高品質な Anker 製品がおすすめ
Android 用のマイクロ USB ケーブルを購入するきっかけは様々かと思いますが、皆さんはどのような基準でケーブルを選んでいますか?持ち運び用のサブで考え...

それではここからモバイルバッテリーの紹介となります。

複数回充電可能な大容量バッテリー

【おすすめ】Anker PowerCore 13000

製品仕様

  • バッテリー容量 ……… 13,000 mAh
  • 重量 …………………… 約 240g
  • サイズ ………………… 約 97 × 80 × 22 mm
  • 入力 …………………… 5V / 2A
  • 最大出力 ……………… 5V / 3A
  • USB ポート数 ………… 2つ

まず紹介するのは、リーズナブルな値段なのに品質が高い Anker(元Google社員が作った会社)の製品です。iPhone 6S であれば5回以上、XPERIA Z5 でも3回以上のフル充電が可能です。あれこれ迷うなら、これを買っておけば間違いなしと言える製品です。

Anker のバッテリーはセル(蓄電池の部分)がパナソニック製なのです。充電式電池の絶対王者であるエネループやエボルタをラインナップに揃えたパナソニックのセルを使っている利点は大きいです。

最大出力の 3A は USB ポートを2つ利用した時の合計値となり、片方だけであれば最大 2.4A となります。2台同時に充電することが可能ですが、急いでいる場合は1台だけ接続して充電すると良いです。

そして何と言っても 10,000 mAh を超える容量で、重量 240g の軽さを誇るバッテリーは他になかなか見つかりません。持ち運びを考えれば、軽さは選ぶ上での重要なポイントにもなります。容量の多さと軽さで選ぶなら、Anker PowerCore 13000 の一択と考えても良いでしょう。

Anker の製品には独自技術である PowerIQ と VoltageBoost の機能がついていて、接続機器に応じて電流を最適化してくれたり、ケーブルの抵抗値を検知して電圧の調整まで行ってくれます。実際に使う側としては、あまり有り難みを実感することのない機能ですが、細部まで気が利いた良い機能なのです。

また Anker の製品は 18 ヶ月の製品保証があるため、万が一何かあっても1年半の長期保証がついているので安心して利用できます。もし期間中に不具合が生じた場合は、Anker のカスタマーサポートへ連絡すれば、きちんと対処してくれます。

Anker | 返金または交換

保証がしっかりしているのは、メーカー選びのポイントの1つになりますからね。ちなみに Amazon で購入する場合は、公式ショップである AnkerDirect から購入した場合に限りますので、その点はお気をつけください。

Anker PowerCore 20100

製品仕様

  • バッテリー容量 ……… 20,100 mAh
  • 重量 …………………… 356g
  • サイズ ………………… 166 x 58 x 22 mm
  • 入力 …………………… 5V / 2A
  • 最大出力 ……………… 5V / 4.8A
  • USB ポート数 ………… 2つ

またしても Anker 製品ですが、先ほどよりも 7,000 mAh も容量が大きいバッテリーになります。先程は持ち運びを考慮しての紹介でしたが、単純にバッテリー容量が大きいものを求めている人にはこちらがコスパに優れてて良いです。

基本的な作りや性能については、PowerCore 13000 と同じなので、異なる点のみ説明します。

最大出力が 4.8A なので、2台同時に充電してもそれぞれ 2.4A ずつ割り当てられます。スマホだけでなくタブレットも同時に高速で充電するには長けています。持ち運びには若干重いので携帯性には欠けるかもしれません。

値段との兼合いでこちらの製品を紹介しましたが、とにかく大容量で値段を気にしないのであれば、26,800 mAh の容量で Quick Charge 2.0 にも対応した次のような製品もあります。

バッテリーだけでなく 3,000 円相当の Quick Charge 3.0 に対応したアダプターも付いてくるので、かなりお得感のあるセットです。ただ、通常ポート2つ同時使用における最大出力が 3A なので、せっかくの容量なのにパワー不足感があるのが否めません。

cheero Power Plus 10050mAh DANBOARD version

製品仕様

  • バッテリー容量 ……… 10,050 mAh
  • 重量 …………………… 190g
  • サイズ ………………… 約 95 × 62 × 22 mm
  • 入力 …………………… 5V / 2A
  • 最大出力 ……………… 5V / 3.4A
  • USB ポート数 ………… 2つ

マンガ「よつばと」のキャラクター「ダンボー」のデザインが施された cheero の同製品。無骨なデザインの一般的なバッテリーと比べて、ダンボーの顔の部分がデザインされているので、持ち運ぶにも愛着が湧いてきます。

僕の初代バッテリーとして活躍していましたが、今は緊急用として自宅待機しています。

Anker と比べると値段が張りますが、190g の軽さが際立ちます。複数回充電できるバッテリーの中で、携帯性が最も優れている製品の1つです。バッテリーセルはパナソニック製なので、品質面の問題もありません。

接続したデバイスを自動検知し、最適な電流を調整する AUTO-IC 機能が搭載されているので、USB 給電できる様々な機器にも幅広く対応しています。

2ポート利用時で最大 3.4A と記載がありますが、1ポート利用時のアンペア数について明記されていないので、どの程度のパワーがあるのか分かりませんが、おそらく Anker と同様に 2.4A まで給電されるのではないかと推測されます。

軽くて大容量なバッテリーを探しているのであれば、候補にいれておきたい製品ですね。

中規模サイズのバッテリー

製品仕様

  • バッテリー容量 ……… 6,700 mAh
  • 重量 …………………… 130g
  • サイズ ………………… 約 92 × 43 × 23 mm
  • 入力 …………………… 5V / 2A
  • 最大出力 ……………… 5V / 2.1A
  • USB ポート数 ………… 1つ

大きすぎず、そして小さすぎず。普段使いするには使い勝手が良いサイズです。この容量があれば、どのスマホでも1回分以上のフル充電が可能です。iPhone も機種によっては2回以上の充電が可能です。

性能については前述のダンボーモデルと同様なので割愛します。バッテリーセルは、この製品もパナソニック製となっています。

一昔前は、このサイズが主流でしたが、全体的にバッテリー容量に対して軽量化が図られたため、今ではこの容量のクラスでもコンパクトサイズと呼ばれる程になりました。少なくとも邪魔になるようなサイズではないので、カバンに忍ばせておくには万人に好まれる大きさではないでしょうか。

緊急用のコンパクトなバッテリー

携帯性重視で1回分の充電ができれば十分であれば、より軽く持ち運ぶにも邪魔にならないコンパクトなバッテリーを選ぶのも良いでしょう。

cheero Power Plus 3 stick 3350mAh

製品仕様

  • バッテリー容量 ……… 3,350 mAh
  • 重量 …………………… 70g
  • サイズ ………………… 直径 24 mm × 101 mm
  • 入力 …………………… 5V / 1.3A
  • 最大出力 ……………… 5V / 1.0A
  • USB ポート数 ………… 1つ

パンツのポケットに入れても気にならないサイズと重量。携帯性に特化したものなので、性能面ではあまり誇れる点がありません。バッテリー容量については、最初の方の一覧にもある通り、3,350 mAh では1回分にも満たない機種があることに注意してください。

iPhone 6S や iPhone SE であれば1回フル充電ができる容量なので、Android よりも iPhone ユーザー向きかもしれません。ただ、フル充電できなくても半分以上は充電できる能力があるので、緊急時にのみ使うことを目的とすれば需要とマッチするのではないでしょうか。

懸念点としては出力が 1.0A しかないため、急いで充電するには不向きです。(標準のアダプターで充電する速度と同じです。)とは言え、70g の軽さに勝るものはないので、重視する点をどこに置くかで選んでも良い製品かと思います。

ちなみに Anker にも同じくらいの容量のバッテリーがあるのですが、セルがパナソニック製ではないので紹介は控えさせていただきました。※ cheero の製品は全てパナソニック製セルを使っています。

頻繁に使うものだから妥協はしたくない

バッテリーの命でもあるセルにパナソニック製のものを使っていると、それだけでバッテリーに対する信頼度と評価が変わってきます。容量とコストだけで考えると、他にも紹介できる製品があるのですが、今回はパナソニック製セルが入っているバッテリーに特化して紹介させていただきました。

別のメーカーのセルを使っていても、性能面ではさほど変わらないと思います。単に日本のメーカーだからと言うわけでなく、蓄電池を提供しているメーカーとして実績のある会社だからこその安心感だと思っています。

最後に Amazon と楽天の人気ランキングを掲載しておきます。

僕が選んだ製品は性能重視だったので、Amazon ユーザーが好む製品の紹介となりましたが、楽天にはデザイン性に富んだバッテリーも多数揃っているので、また違う観点で自分の用途にあった製品を見つられるかもしれませんね。

Name :
気力・体力勝負なシステム業界のエンジニアを経て、個人事業主として独立。Web サイト運営、動画制作など活動の場を広げています。目指すところへの道のりは険しいですが、自分が自分らしくあるために、一歩ずつ進んでいきます!

このブログでは、困ってたどり着いた人に、分かりやすく答えを提供できるように心掛けています。更新情報は、Twitter や Facebook ページを参照ください。よろしければフォローお待ちしています。

Facebook ページ NJ-CLUCKER
このブログが役に立ったら
「いいね!」お願いします
PAGE TOP ↑