VB6.0 開発環境でスクロールさせる方法

更新日: 公開日:2006/10/05
Visual Studio 6.0

Visual Basic 6.0 の開発環境を初めて触った時、マウスホイールで画面がスクロールせずにコーディング作業に随分と苦労したものです。1モジュール 1000 ステップを越えると、ドラッグしながらスクロールするのはかなり非効率です。

そこで VB6.0 の開発環境で、正しくマウスホイールイベントが動くようにする方法を説明します。

VB6.0 IDE (統合開発環境) でマウススクロールさせる方法

対応方法は、マイクロソフトのサポートページにも記載があります。

以下、具体的な手順を記しておきます。

手順

  1. VB6MouseWheel.EXE パッケージをダウンロード (download)
  2. VB6MouseWheel.EXE を適当な場所に解凍 (C直下がおすすめ。)
  3. [スタート] → [ファイル名を指定して実行]で以下のコマンドを入力
    regsvr32 (解凍先)¥VB6IDEMouseWheelAddin.dll
  4. VB6.0を起動し[アドイン] → [アドイン マネージャ]
  5. 「MouseWheel Fix」を選択
  6. [ロード/アンロード] と [起動時にロード] の項目にチェック
  7. [OK] で完了

これでマウスホイールイベントを受付けてもらえるようになります。昔のソフトだからしょうがないと言っても、これくらいは実装しておいてもらいたいものですよね。

この記事をシェアする

このブログの運営者

NJ

元システムエンジニア。個人事業主として独立して Web サイト運営、ポップデザインや動画制作など、パソコンでモノづくりしています。

プロフィール詳細

おすすめページ