Android から Windows 10 の共有フォルダにアクセスできない場合の対処法

更新日: 公開日:2019/07/05
AndroidからWindows10のローカルネットワーク接続エラーの対処法

Android 端末では、専用のエクスプローラーアプリを経由して、Windows 10 上に設定した共有フォルダへアクセスできます。接続するための前提条件は次の2つ。

  • Android と Windows 10 の端末が同じネットワーク上にある
  • Windows 10 で共有フォルダが設定されている

どちらの条件も満たしているにも関わらず「接続に失敗しました」や「アクセスが拒否されました」といったエラーメッセージが表示されることがあります。なぜエラーになってしまうのか、原因と対策を解説していきます。

初歩的なエラーが無いか再確認

共有フォルダの設定を見直す

接続先として指定している、Windows 10 共有フォルダのアクセス権を確認しましょう。

対象となる共有フォルダのプロパティーを開き、共有タブにから [詳細な共有] を開きます。そして画面上部の共有設定のチェックが入っているのを確認して [アクセス許可] へ進みます。

共有フォルダ 共有タブにから [詳細な共有] を開く
詳細な共有のアクセス許可を開く

ここではログインユーザー情報とアクセス権を確認します。このユーザー情報に記載のないアカウントでは、アクセスできません。

ログインユーザー情報とアクセス権を確認

ログイン情報・IPアドレスを見直す

共有フォルダーに設定されたアクセス権の情報を元に、Android 側のアプリ設定を確認します。ここではログイン情報だけではなく、接続先の IP アドレスも確認してください。

Androidアプリに設定された接続情報

Microsoft アカウントで Windows 10 にログインしている場合、その情報を使って接続できます。

続いて、接続する Windows 10 端末の IP アドレスを確認します。

パソコン画面の左下、 Windows アイコンを右クリックして [Windows Powershell] を起動し、ipconfig と入力すれば確認できます。

設定項目として利用するのは IPv4 アドレスです。Android アプリに設定している値と相違がないことを確認します。

ipconfig で IP アドレスを確認する

ここまでは原因として見つけやすい箇所です。これで解決しなければ Windows 側のセキュリティ制御の可能性が高いので、もう少し踏み入って原因を見つけていきます。

Windows 10 の設定を確認

パブリックフォルダーの共有設定を確認

この設定はパブリックフォルダーを参照する場合に設定する項目であり、必ずしも必要とする内容ではありません。よくわからなければ後回しにしてください。

Windows の設定画面から [ネットワークとインターネット] に進みます。そして [ネットワークと共有センター] をクリック。

Windows 10 設定の [ネットワークと共有センター] を開く

開いた画面の左側にある [共有の詳細設定の変更] へ進みます。

Windows 10 ネットワーク設定の共有の詳細設定の変更

続いて画面を下までスクロール。[すべてのネットワーク] を展開して、一番上の [パブリックフォルダーの共有] を有効に切り替えて [変更の保存] を行います。

パブリックフォルダーの共有を有効にする

SMB の設定を確認

SMB とはファイル共有などに使われる通信プロトコルで、バージョンがいくつか存在しています。そして Windows 10 では、初期設定でバージョンの古い SMB1.0 が無効化されています。そして Android 側のアプリが SMB1.0 にしか対応していないと、アクセスできないといった状況が起こります。

バージョンが古いものを使うのはセキュリティー面で好ましくないですが、共有フォルダを参照する上で必要であれば次の手順で有効化してください。

Windows の設定画面を開き [Windows の機能の有効化または無効化] と検索して画面を開きます。

Windows の機能の有効化または無効化を検索

[コントロールパネル] → [プログラム] → [Windows の機能の有効化または無効化] からも開けます。

[SMB 1.0/CIFS ファイル共有のサポート] の項目にチェックを入れます。あとは [OK] をクリックして Windows を再起動すれば、設定が有効になります。

SMB 1.0/CIFS ファイル共有のサポートにチェックを入れる

接続できない原因の多くが、この SMB 設定によるものです。ちなみに僕が以前使っていた File Commander も、SMB1.0 を設定しないと利用できないアプリの1つです。

File Commander
File Commander
無料(広告なし有料版あり)

SMB2.0 対応アプリに変更する【おすすめ】

上記手順で SMB1.0 のセキュリティーを開放するのは、推奨される方法ではありません。おすすめは、SMB1.0 のセキュリティーを解放する必要がないアプリの利用です。

僕が現在メインで使ってるアプリがこちら。

ファイルマネージャー
ファイルマネージャー
無料(広告なし有料版あり)

SMB1.0 のセキュリティー開放で解決するのは妥協策でしかありません。この設定で解決するようであれば、SMB2.0 に対応した他のエクスプローラーアプリへの乗り換えを検討してみてください。こちらの記事で、詳しい機能を紹介しています。

このアプリは動作が非常に軽いので、使い勝手も良好です。

以上、Android から Windows 10 のローカルネットワークに接続できず、共有フォルダにアクセスできない場合の対処法でした。

この記事をシェアする

このブログの運営者

NJ

元システムエンジニア。個人事業主として独立して Web サイト運営、ポップデザインや動画制作など、パソコンでモノづくりしています。

プロフィール詳細

おすすめページ