Android 端末の製造番号を確認する方法!チェックするのはシリアル番号ではなく端末識別番号 IMEI

2017/04/10

Android や iPhone 等のモバイル端末には、個体を識別するための番号 IMEI と呼ばれるものが割り振られています。製造番号として扱われることもあるこの番号、普段は意識するようなことはありませんが、次のような使い方をすることができます。

  • 盗難時に携帯電話会社へ連絡すると、この番号を持つ端末のネットワーク利用制限が掛かる
  • ネットワーク利用制限が掛かった場合に、転売されることを避けられる

つまり、不正入手したスマートフォン等が世の中に出回らないようにするための役割を担った番号だと思ってください。例えばドコモの場合、次のページにてネットワーク利用制限について確認することができます。端末を中古業者に売る時には、おそらくチェックされている内容ではないかと思われます。

ネットワーク利用制限携帯電話機確認サイト – NTT ドコモ

この IMEI は世界共通の識別番号であり、この世に同じ番号をもつ端末は存在しません。15桁の数字なので、理論上 1000 兆台まで番号を割り振ることができます。

以下、Android 端末上から IMEI の番号を確認する手順について説明していきましょう。

Android 端末の製造番号(IMEI)を確認する方法

まずは [設定] を開いて、一番下にある [端末情報] を選択します。様々なバージョン情報が表示されていますが、ここには製造番号の情報は掲載されていません。

端末情報画面の上部に [機器の状態] があるので、そちらをタップします。すると画面下部に [IMEI 情報] の項目があるので、そちらを選びましょう。

開いた画面の一番上にある15桁の数字が IMEI となります。一般的にはこちらが製造番号として扱われます。端末や Android のバージョンによっては、シリアル番号なるものが表示していることもありますが、そちらはメーカーが割り振った番号なので別物と考えてください。

電話を掛ける要領で IMEI が調べられる

また別の手順として、上記方法よりも簡単に調べられる方法があります。

  1. 電話アプリを起動しダイヤル入力モードにする
  2. *#06#」と入力する

これはスマートフォンに限らず、ガラケーにも搭載されている隠しコマンドです。一部の端末には実装されていない機能なので、おまけでの紹介とさせていただきました。

以上、Android 端末の製造番号(IMEI)を確認する方法でした。

Name :
気力・体力勝負なシステム業界のエンジニアを経て、個人事業主として独立。Web サイト運営、動画制作など活動の場を広げています。目指すところへの道のりは険しいですが、自分が自分らしくあるために、一歩ずつ進んでいきます。

このブログでは、困ってたどり着いた人に、分かりやすく答えを提供できるように心掛けています。更新情報は、Twitter や Facebook ページを参照ください。よろしければフォローお待ちしています。

プロフィール詳細 Twitter @_NJ69_
Facebook ページ NJ-CLUCKER シェア
このブログが役に立ったら
「いいね!」お願いします
PAGE TOP ↑