【レビュー】SNOPPA ATOM は折りたたみ式で携帯性に優れたスマホ用3軸ジンバル!

公開日:
SNOPPA ATOM レビュー

スマートフォンのカメラ性能の向上により、単に被写体を写真として撮影するだけでなく、動画撮影を楽しむ人も増えてきました。

しかも単に日常の様子を動画で撮るだけでなく、タイムラプスのようなコマ撮りで早回ししているような映像も多く見受けられるようになり、ひとえに動画撮影と言っても幅広い可能性を秘めています。

そんな動画ライフをもっとハッピーにしてくれるアイテム、SNOPPA の最新スマートフォン用ジンバル ATOM を今回はご紹介します!

SNOPPA ATOM

なおこちらの商品は、SNOPPA さんからの提供によりレビューを行っておりますので、予めご了承ください。

ジンバルってどんな時に使う?

最新のスマートフォンは優秀な手ブレ補正機能を持っているので、ジンバルのようなスタビライザーなんて要らないと思う人もいるでしょう。確かにそれも一理あります。手持ち撮影でも十分綺麗な映像を撮れるので、プラスアルファの性能を求める場合にジンバルの利用を検討する方が多いです。

スタビライザーと呼ばれる通り、元々は映像のブレを軽減し水平に保つことを目的としたアイテムです。カメラの斜めブレは、手ブレ補正でも修正できる限度があるので、そんな時にジンバルがあると納得がいく映像に仕上がることが多いです。

ジンバルがあると便利なシーン

  • 撮影者が激しく動き回るような場合
  • 撮影時の映像が傾くのを避けたい場合
  • 左右の動きを滑らかに撮影したい場合

これらをカバーするのはジンバルの基本的なものです。ATOM 自体がどのような機能を持っているのかは、もう少し掘り下げてチェックしていきましょう。

SNOPPA ATOM の特徴

1つ1つ細かく説明すると持ち味が伝わりづらいので、まず ATOM がどのようなものなのか、一気に紹介してから話を進めていきます。

ATOM が持つ機能・性能

  • 折りたたみ式で、持ち運びサイズがコンパクト
  • ロック機構があり、未使用時にぶらぶらしない
  • ジンバルのバッテリーから給電しながら撮影できる
  • しかもワイヤレス充電にも対応している
  • スマートフォンの縦撮りにも対応
  • 3.5mm 端子接続で、外部マイクが利用できる
  • Bluetooth 接続により本体のボタンから操作が可能
  • 専用アプリが存在する
  • 通常撮影・タイムラプス撮影に対応
  • タイムラプスは横にパンさせながら撮ることも可能
  • 最長 90mm の大きさのスマホに対応

ではここから、特徴的な部分を細く説明していきます!

ATOM 最大の魅力は折りたたみ式

SNOPPA ATOM 収納時の状態

ジンバルを使う上で多くの製品が抱えている難点が、持ち運びの不便さです。カバンに簡単に入れられるような機構でないため、専用のハードケースが付属している場合もあります。

しかしこの SNOPPA の ATOM は、ご覧のように折りたたみ式が採用されているため、一般的なジンバルよりも携帯時のサイズが小さいのが最大特徴です。更に、上手い具合にロックされる作りになっているので、畳んだ状態でパーツがくるくる回るような心配がまったくありません。

持ち運び時に回転させないロック機構

まずは左右の回転を制御するパン軸をロックさせる機構です。左の PUSH ボタンにより広げることができます。

ATOMロック機構 パン軸

続いて上下の回転を制御するティルト軸をロックする機能です。プラスチックの溝に引っ掛かる仕組みになっているので、回転させるだけで簡単に解除できます。

ATOMロック機構 ティルト軸

ロール軸も同様に、回転させてロック・解除が行えます。

ATOMロック機構 ロール軸

全ての軸をロックしてしまうと、カバンに入れても遊ばなくなるので持ち運びやすさが一気に向上します。しかもこのように、パンツのポケットにも入ってしまうので、携帯時の優位性は大きく評価できるポイントです。

ATOMをパンツのポケットに入れた様子

ただ、落下のリスクがあるので、日常的にこのような方法で持ち歩くのはおすすめできません。

手元で全て操作できる豊富なスイッチ類

このジンバル利用時は、SNOPPA の専用アプリを利用すると各種スイッチ類が連携して、より使い勝手が良くなります。

記事執筆時点では、まだ Android アプリが Atom に対応していませんが iOS 版は対応しています。今後アップデートされると思わるので、情報が入り次第更新します。

フロントパネルの操作

【フロントパネル操作】電源・初期位置への移動/撮影ボタン/カメラの向きをマニュアル操作/アプリメニュー表示

メインパネルの操作はご覧の通りです。グリップが持ちやすい形状になっているので、操作感は快適でした。

左サイド面の操作ボタン類

【サイド操作】ズームボタン/縦撮り・横取り切り替え/マイク端子

ズームボタンを押し込むことで、カメラのズーム起動が連動します。外部マイクの入力端子も付いています。スマホ本体を固定するパーツに出力端子が付いているので、そちらとスマホを接続すれば、外部マイクが利用できます。

2018年に入ってから縦撮りに対応した機種が増え始め、この Atom もボタン1つで縦撮り・横撮りが変えられます。

縦撮りの場合と横撮りの場合

上の画像で接続しているケーブルは、ジンバル本体のバッテリーから給電するためのものです。スマーフォン側は USB Type-C と Lightning 端子に対応しています。マイクロ USB には対応したケーブルは付属していないのでご注意ください。

補足説明

ちなみにワイヤレス充電である Qi に対応しているので、対応機種であればケーブルを使わなくても充電可能です。なお、ジンバルのバッテリーライフを保たせるために、背面ボタン長押しで給電を止めることができます。

背面ボタン類

【背面操作】モード切替/カスタムボタン/充電用端子

背面にはジンバルのモード切り替えボタン、そしてアプリから設定してカスタマイズできるボタンが用意されています。例えばフォーカスボタンや、トラッキングモードなど、様々な機能に割り当てられます。なお、サイドにあった縦撮り・横撮り切り替えボタンも、別の機能を割り当てることが可能です。

ジンバル本体の充電は USB Type-C ケーブルにて接続します。アダプター側が USB Type-A なので、一般的な充電器を使うことが可能です。

Atom の使用感レビュー

タイムラプスや固定自撮り撮影は三脚がある良い

Atomに三脚を設置

持ち手がしっかりしているので、フラットな地面であればきちんと自立します。なお、底面に 1/4 インチのネジ穴があるので三脚を付けることが可能なので、回転を伴う撮影時は三脚を付けたほうが安定します。

例えばトラッキングモードで自撮りする場合。簡単に説明すると、カメラ位置を固定して自身の追っかけ撮影ができます。動きのある状態を撮影したいなら、三脚は必須です。また移動を伴うタイムラプス撮影、つまり撮影自体はコマ撮りだけど、カメラ自体は設定した時間で指定した角度を回転させるような、特殊な撮影においても三脚の利用が役立ちます。

SNOPPA のアプリは、ジンバルの機能を活かした様々な機能が用意されているのがポイントです。

細かい部分に配慮された設計

ホルダーに切られた溝

スマートフォン本体を固定するホルダー部分に溝が切られています。スマートフォンのサイドのボタンを挟み込んでも、押し込まれないような作りになっています。

このような細かい部分まで行き届いた設計をしているのは、なかなかの好印象です。

ケーブルの干渉に注意

ケーブルの干渉

ケーブル接続で充電しながら使えるメリットがある一方で、ケーブルの付け方によってはジンバルと干渉してエラーになることがあります。

これは付属するケーブル端子が L 字になっている影響が大きいですが、接続の向きを変えれば解消する問題です。ケーブル自体も簡易的な細いものが使われているため、バッテリー切れを心配するような緊急時に限って使うと良いのかもしれません。

ジンバル本体のバッテリー容量は 2000mAh です。ジンバル単体では24時間稼働するようですが、給電すると利用可能時間も短くなるので気をつけてください。

総合的な評価は勝手の良いジンバル

スマホ用スタビライザーは様々なメーカーから販売されています。単に機能や性能を比較しても、飛び抜けて優れているようなジンバルは存在しません。

そうなるとジンバル自体のオリジナリティが、購入の決め手となってきます。SNOPPA の ATOM の場合は、やはり携帯性に優れた点です。折り畳める仕組みにしたところで、性能が悪くなるようなこともなく、メリットだけを上手に上乗せした感じがします。

ケースが大きいから持ち運ぶのが嫌とジンバルを避けていた人も、この ATOM であれば一気に問題解決に導いてくれるでしょう。

モーター駆動音も静かなのも、十分評価できるポイントです。

SNOPPA ATOM を購入するにはどうしたら良いか

ATOM 背面側

現在はクラウドファンディングの INDIEGOGO でのみの取り扱いとなっています。先行発売であるため、今だけ実質 10,000 円程度 で手に入れることができます。

この魅力ある価格が提示できるのも、クラウドファンディングならではです。あと数日で先行販売が終わってしまうので、購入するなら今がチャンスです。

なおカラーバリエーションは、ピンクとブラックの2色展開となっています。

ATOM カラーバリエーション

一般販売が開始されたら、ここから 5,000 円以上は上乗せされてしまうので、ジンバルを探している人は是非 INDIEGOGO のサイトをご覧になってみてください。ここでは紹介しきれていない様々な情報が掲載されています。

なお各種仕様は SNOPPA の公式サイトがあるので、そちらからも確認できます。

Atom | SNOPPA

過去の製品の流れだと、一般販売が開始されたら Amazon にある SNOPPA のショップでも売られると思います。これまでの商品も売られているので、そちらも是非チェックしてみてください。

以上、スマートフォン用3軸ジンバル SNOPPA の新商品 ATOM の紹介でした。

最新の更新情報は、Twitter、Facebook、Freedly にてお届け!

NJ-CLUCKER RSS

このブログの運営者

NJ

元システムエンジニアから、個人事業主として独立。Web サイト運営、動画制作など活動の場を広げています。このブログでは、困ってたどり着いた人に、分かりやすく答えを提供できるように心掛けています。

更新情報は、Twitter や Facebook ページを参照ください。フォローお待ちしています。

Facebook ページ NJ-CLUCKER
このブログが役に立ったら
「いいね!」お願いします