Windowsコマンドプロンプトで背景色や文字色を変えて起動する方法

2015/06/05

Windows のコマンドプロンプトと言えば、通常は背景色が黒で、文字色が明るめのグレーと決まっています。CUI (Character User Interface) で処理する場合の定番ツールですが、背景色や文字色を変更出来るのをご存知でしょうか。

コマンドプロンプトの色を変えてみる

普通はコマンドプロンプトの Window ヘッダー部分を右クリックしてプロパティを表示し「画面の色」タブを選択すれば、変更することができます。しかしこの方法では、色を変える度にプロパティを開いて更新しなくてはいけないので、とても手間が掛かります。

set-cmd-color-at-the-time-of-start02

そもそもどのようなシチュエーションで、コマンドプロンプトの色を変えたい、もしくは変えた方が良いのでしょうか。僕がこれまでシステムエンジニアとして経験した中で、色の変更により効果のあった事例を紹介します。

アクセス環境別に背景色を変更する

CUI 操作で複数環境のシステムにアクセスが必要な場合、どのコマンドプロンプトでどの環境にアクセスしているのか、度々混乱することがありました。

事前の検証テストを行う為に開いているつもりが、誤って本番環境に対してコマンドを発行してしまう等、1つのミスが大惨事を起こしてしまいます。リスクヘッジとして、複数立ち上がらない手順とすべきですが、一律そのルールが適用出来る訳でもありません。

そこでミスを防ぐ為の予防線として、コマンドプロンプトの背景色を変えてアクセス先を識別するようにしました。本番環境にアクセスする時は背景を黄色に、そして検証環境へアクセスする時は背景を明るい紫にするようにルールを決めたのです。

当然、発行するコマンドをミスしてしまえば、背景を変えようが意味がありませんが、あくまでも作業を失敗しない為の注意喚起としては効果がありました。

背景色/文字色の変更コマンド

color [属性]

コマンドプロンプト上で「color + 半角スペース + 2桁のカラーコード」を入力すれば、背景色と文字色が変更されます。2桁のカラーコードの最初の1桁目が背景、2桁目が文字の色となります。設定出来るカラーコードは 0~9 の数値と A~F のアルファベットになります。

カラーコードと色見本

0: 黒8: 灰色
1: 青9: 明るい青
2: 緑A: 明るい緑
3: 水色B: 明るい水色
4: 赤C: 明るい赤
5: 紫D: 明るい紫
6: 黄色E: 明るい黄色
7: 白F: 明るい白

利用出来るカラーは上記16色のみとなります。具体的にどのような色合いになるか、カラーサンプルを3つご紹介します。

カラーサンプル color 1E

set-cmd-color-at-the-time-of-start03

カラーサンプル color DF

set-cmd-color-at-the-time-of-start04

カラーサンプル color 2E

set-cmd-color-at-the-time-of-start05

起動時に色を指定する

コマンドプロンプトを立ち上げてから色を変えれば良いだけの話と言ったらそれまでですが、起動時に予め色を指定することが出来るのです。

コマンドプロンプトの cmd コマンドのオプション「/k」と、前述の color コマンドを使えば、起動時の色変更が可能になります。

スタートメニュー、または + R より以下のコマンドを入力してください。

cmd /k color DF

set-cmd-color-at-the-time-of-start06

この「/k」オプションは、後続の文字列をコマンドとして発行して起動します。つまり、コマンドプロンプト起動時に、color コマンドを呼び出しているので、背景や文字の色が変わって立ち上がるのです。

この仕組みを利用すれば、コマンドプロンプトのショートカットにパラメータとして仕掛ける事が出来ます。また、bat ファイルとして定義しても良いでしょう。

Name :
気力・体力勝負なシステム業界のエンジニアを経て、個人事業主として独立。Web サイト運営、動画制作など活動の場を広げています。目指すところへの道のりは険しいですが、自分が自分らしくあるために、一歩ずつ進んでいきます。

このブログでは、困ってたどり着いた人に、分かりやすく答えを提供できるように心掛けています。更新情報は、Twitter や Facebook ページを参照ください。よろしければフォローお待ちしています。

プロフィール詳細 Twitter @_NJ69_
Facebook ページ NJ-CLUCKER シェア
このブログが役に立ったら
「いいね!」お願いします
PAGE TOP ↑