Windows Hello でメガネを外したら顔認証されない?!精度を上げて認証できるようにする方法

Windows にはパソコンのインカメラで顔認証してログインすることができる Windows Hello と呼ばれる機能があります。

パソコンの生体認証と言えば指紋認証が一般的でしたが、iPhone X のように顔で認証してくれるのは非常に便利な機能です。僕は日常的にメガネを掛けて生活しているので、初期設定ではメガネを掛けた状態で顔を登録していました。

しかしメガネを外すと同一人物とみなされず、ログインエラーになってしまいました。そこでメガネなしでもログインできるように、次の手順で Windows Hello の顔認証精度を向上させました。

もし最初にメガネ無しで登録した場合は、同様の手順にてメガネありの顔を登録することが可能です。今回紹介する内容は、メガネの有無に関わらず Windows Hello が認証できるようにする手順になります。

Windows Hello の認証精度をアップさせる方法

Windows Hello の設定画面を開く

画面左下の アイコンからメニューを開き、左下の から Windows の設定画面を開きます。ここで [アカウント] メニューを選択してください。

Windows の設定「アカウント」を選択

アカウントの設定画面へ移ったら [サインインオプション] を選択します。右側の画面に Windows Hello の設定項目があるので、そこから [認識精度を高める] をクリックします。

サインオプション → 認識精度を高める

Windows Hello の精度を高めるための再登録

Windows Hello の顔認証設定画面が表示されるので、そのまま開始してください。

Windows Hello 開始する

既に顔認証を登録しているため、ここで PIN コードの入力が求められます。(顔認証できなかった場合に入力する数字のコード。最初に顔認証設定した際に登録しているものです。)

PIN コード入力

PIN コード認証が終わると、認証する顔の登録になります。カメラが自動的に立ち上がるので、パソコンが顔を認識する前にメガネを外します。顔の登録方法は画面の指示に従ってください。

登録が終わると完了画面になります。これで作業はおしまいです。

Windows Hello 設定完了

メガネなしでも認証できるようになった

上記の手順により精度を高めたので、メガネの有無に関係なく顔認証されるようになりました。なお、マスクをした場合など、顔の部位が認識できないようなケースにおいては、紹介した手順で精度を高めても認証させることはできません。

Windows Hello はパソコンを起動しただけでログインできる便利な機能です。余程のことがない限り、認証エラーが発生することはありません。もしエラーが出るようになったら、上記の手順で精度を上げることで解消すると思うので試してみてください。

以上、Windows Hello でメガネの有無に関わらず顔認証されるための認識精度向上の方法でした。

最新の更新情報は、Twitter、Facebook、Freedly にてお届け!

NJ-CLUCKER RSS

このブログの運営者

NJ

元システムエンジニアから、個人事業主として独立。Web サイト運営、動画制作など活動の場を広げています。このブログでは、困ってたどり着いた人に、分かりやすく答えを提供できるように心掛けています。

更新情報は、Twitter や Facebook ページを参照ください。フォローお待ちしています。

Facebook ページ NJ-CLUCKER
このブログが役に立ったら
「いいね!」お願いします