比叡山延暦寺に車で行くときの注意点!複雑なドライブウェイの料金設定を事前に把握しておこう

更新日: 公開日:2016/09/20
延暦寺 大講堂

比叡山の延暦寺へ車で行くには、京都方面または大津方面から比叡山ドライブウェイを使って登っていくか、琵琶湖大橋・おごと温泉方面から奥比叡ドライブウェイを使って登っていきます。

これら2つのドライブウェイは、延暦寺東塔でつながっている有料道路です。比叡山を車で登るには、これらドライブウェイを利用するしか方法がありません。しかもドライブウェイの通行料が結構なお値段で、延暦寺の拝観料を合わせると、それなりの金額になってしまいます。

比叡山ドライブウェイ・奥比叡ドライブウェイ

比叡山ドライブウェイと奥比叡ドライブウェイのルート

延暦寺に行くには、京都・大津方面の比叡山ドライブウェイ「田の谷峠料金所」または琵琶湖大橋・おごと温泉方面の奥比叡ドライブウェイ「仰木料金所」から比叡山を登っていきます。ドライブウェイに入ると2箇所の検札所があり、そこを通過するには入場時にもらったチケットを通します。そして、この検札所を何回通ったかにより利用料金が決まるシステムになっています。

つまり何度も往復してしまうと、それだけ利用料金が増えていく仕組みなのです。なかなかアコギな料金設定ですが、そもそも比叡山ドライブウェイと奥比叡ドライブウェイの運営会社が違うため、このような料金設定になってしまったのでしょう。

通行料金は、どちらの料金所から入って、どのようなルートを経由したかによって決まります。

ドライブウェイ営業時間

ドライブウェイを通行できる時間帯は、時期によって変わります。12月から2月までの冬期の間は 9:00 から 19:00 で、それ以外の期間は 7:00 から 23:00 を目安にしておけば大丈夫です。

期間比叡山ドライブウェイ奥比叡ドライブウェイ
3月1日 ~ 6月30日7:00 ~ 23:007:00 ~ 23:00
7月1日~8月31日7:00 ~ 24:00
9月1日~11月30日7:00 ~ 23:00
12月1日~1月15日9:00 ~ 22:009:00 ~ 19:00
1月16日~2月末日9:00 ~ 20:00
大晦日初詣のため終日営業

ドライブウェイの最終入場は終了時間の1時間前です。

延暦寺の参拝時間

延暦寺の参拝時間は夕方までです。観光が目的であれば、終了時間までに出るようにすれば、ドライブウェイの通行可能時間は意識しなくても大丈夫です。なお延暦寺の参拝時間は次の通り。

時期エリア参拝時間
1月~2月東塔9:00 ~ 16:30
西塔・横川地区9:30 ~ 16:00
3月~11月東塔8:30 ~ 16:30
西塔・横川地区9:00 ~ 16:00
12月東塔9:00 ~ 16:00
西塔・横川地区9:30 ~ 15:30

受付は閉堂30分前まで。冬期は雪の影響により終了が早まることがあります。また法要等で入堂が規制されることもあります。

主要の建物がある東塔が最も参拝できる時間が長く、西塔・横川地区は前後 30 分短くなっています。半日あれば一通り巡拝できますが、朝が遅めなので、延暦寺を参拝してから他の観光地へ出向くのは少し難しいでしょう。銀閣寺のある東山慈照寺であれば、田の谷峠料金所から車で20分で行けるので、ついでに寄り道できるかもしれません。

通行料金

前述の通り、検札所をどれだけ通過したかにより料金が変わるため、ルートによって細かく料金が設定されています。何も気にせず通っていると、思いもよらない高額に成り兼ねないので注意してください。

比叡山ドライブウェイと奥比叡ドライブウェイの通行料金

比叡山ドライブウェイ・奥比叡ドライブウェイでは ETC の利用はできません。クレジットカードも使えないので、支払いは全て現金のみとなります。

料金表は2020年2月時点のもの。普通乗用車の金額。

ルート料金
1田の谷峠 → (検札所未通過) → 田の谷峠860円
2田の谷峠 → ホテル前 → ホテル前 → 田の谷峠1,700円
3田の谷峠 → ホテル前 → 西谷 → 西谷 → ホテル前 → 田の谷峠3,270円
4田の谷峠 → ホテル前 → 西谷 → 柳木2,430円
5田の谷峠 → ホテル前 → 西谷 → 西谷 → 西谷 → 柳木2,430円
6柳木 → (検札所未通過) → 柳木1,570円
7柳木 → 西谷 → 西谷 → 柳木3,140円
8柳木 → 西谷 → ホテル前 → ホテル前 → 西谷 → 柳木4,000円
9柳木 → 西谷 → ホテル前 → 田の谷峠2,430円
10柳木 → 西谷 → ホテル前 → ホテル前 → 西谷 → ホテル前 → 柳木3,270円

二輪車・マイクロバス・大型車の料金は、各ドライブウェイの公式サイトを参照ください。

田の谷峠料金所から入って、東塔だけ見学して折り返せば1,700円です。柳木料金所から入り、西塔・横川を見学して折り返せば1,570円です。そのまま折り返すことなく、入場した料金所と反対側の料金所から出れば2,430円で済みますが、同じ料金所まで戻ろうとすると一気に金額が跳ね上がるので要注意です。

料金設定について何も知らないと、同じ料金所へ戻るルートをとる人が多いのではないかと推測されます。旅行者としては、もう少し分かり易い料金形態にしてくれると助かるのですが……。

ドライブウェイには割引クーポンがある

通行料金が高過ぎて、もう少し安くならないかと思った方に朗報です。比叡山のドライブウェイには、通行料の割引クーポン券が存在します。最大で740円の割引です。

各ルートによって割引金額が異なるので、詳しくは割引クーポンの記載事項を確認してください。クーポンは以下のページから取得できます。(どちらも同じもの)

ただしこのクーポンは、印刷して料金支払い時に提示が必要です。もし旅先でこの情報を知った場合、スマートフォンを持っていればコンビニで印刷できます。こちらの記事では、セブンイレブンのマルチコピー機をつかって、スマホにダウンロードしたデータを印刷する方法を記しているので参考にしてください。

この記事をシェアする

最新情報は Twitter、Facebook、Freedly にてお届け!

NJ-CLUCKER RSS

このブログの運営者

NJ

東京在住の個人事業主。まとまった仕事が片付くと妻と日本中を旅しているので、その記録を残しているブログです。移動手段は車がメイン。本州であれば車中泊しながら温泉に入ったり、あちこちの神社・仏閣巡りをしています。

更新情報は、Twitter や Facebook ページを参照ください。フォローお待ちしています。

おすすめページ