Windows 10 スクリーンショットの方法!範囲指定によるキャプチャもできるようになった!

更新日: 公開日:2017/06/30
Windows10 画面キャプチャー

スクリーンショット画面キャプチャー と呼ばれている、画面そのものを撮影する機能。 これらの機能は、そもそもパソコンのキーボードに [Print Screen] なる撮影専用のキーが用意されています。

デスクトップ用のテンキー付きフルキーボード、ノートパソコン用のコンパクトタイプのキーボードなど、種類によって配置場所が異なるものの、一般的な日本語 JIS キーボードであれば、ご覧の位置にキーが配置されています。

この PrtScn を使うことで、モニターに映る画面を静止画撮影できます。これは古くからある機能で、画面全体や指定ウィンドウのみをキャプチャできるようになっています。

Windows 10 においては、これらの機能に加えて指定した範囲の画面キャプチャを撮る機能が追加されました。正確には2017年4月の Creators Update と呼ばれる大型アップデートにて提供されるようになった機能です。

それででは、これら3つの操作方法を説明していきましょう。

Windows 10 でスクリーンショットを撮る

スクリーンショットの保存先はどこ?

ここで紹介する3つの方法で画面キャプチャーした場合、原則 画像ファイルとして自動的に保存されません

一時的な保存先としてクリップボードが利用されます。

クリップボードとは、Windows 上でコピー Ctrl + C 処理を行った時に保存される領域です。貼り付けを行うまでの間、パソコンのメモリ上に保存されます。

つまりクリップボードに保存された画像データは、Windows の画像編集ソフトである ペイント 等に貼り付けて、画像ファイルとして保存しなくてはいけません。Excel や Word に直接貼り付けることも可能で、とにかく何かに貼り付けて保存するといった行為が求められます。

Windows 10 のペイントアプリは、左下の アイコンをクリックして [Windows アクセサリ] の中に入っています。

Windows 10 で画面キャプチャーする方法

画面全体をキャプチャする

PrtScn キーで、モニターに映っている画面全体のスクリーンショットを撮影できます。撮影される画像の大きさは、モニターの解像度に依存します。

もう1つの標準的なキャプチャー方法は、ウィンドウ単位でのキャプチャーです。

指定したウィンドウをキャプチャする

Alt + PrtScn キーで、選択されたウィンドウのスクリーンショットを撮影できます。主にソフトの利用手順等を作成するときに利用しています。

例えば、以下のように特定のソフトを選択した状態でキャプチャをしてみましょう。選択した状態とは、そのソフトが使える状態になっていることを意味しています。

こちらが実際に撮影した画像です。ブログ記事に載せる関係上、サイズを縮小しています。

ここまでが昔ながらのスクリーンショットの取得方法です。Windows 10 の場合、次に紹介する Windows 10 の新機能を使った画面キャプチャーを利用すれば、もっと便利に画像保存までの手順を踏めます。

指定した範囲をキャプチャする

+ Shift + s キーで画面上の任意の範囲を選択して撮影できます。このショートカットキーを押下すると範囲指定モードになり、マウスで囲った領域がキャプチャされます。

感覚としては「画面を切り取る」といったイメージです。画面の必要な箇所のみをキャプチャーしたい状況にて、その効果を発揮します。しかもこのモードでキャプチャーすると、画面右下に次のような通知が表示されます。そして新機能のすごいポイントはここから。

編集画面に遷移できる通知

この通知をクリックすると、そのままキャプチャー画像を編集できるアプリが起動します!つまり、画像編集アプリをわざわざ起動しなくても、簡単に画像ファイルとして保存できるのです。

切り取り&スケッチの編集アプリ起動

従来の PrtScnAlt + PrtScn による画面キャプチャーでは、このような通知が行われません。 + Shift + s コマンドによる特別な操作方法になります。

新コマンドは全画面・ウィンドウ指定キャプチャーにも対応

+ Shift + s を押下すると、範囲指定の他にもキャプチャーのモードを切り替えられるメニューが、画面中央上部に表示されます。

範囲指定キャプチャー以外にも、全てのキャプチャー方式が選べます。

Windows 10 画面キャプチャーコマンドメニュー

PrtScnAlt + PrtScn の代わりになる、全画面指定やウィンドウ指定のキャプチャーはもちろん、任意の範囲をマウスで囲ってキャプチャーできるフリー領域のキャプチャーもここから選択できます。

このコマンドを使ってキャプチャーすれば通知経由で画像編集アプリが立ち上がり、画像保存までの流れが容易になります。つまり画像を保存したければ、もう PrtScn キーを使ったキャプチャーが不要になるということです!

長年に渡り PrtScn キーを利用した撮影方法しかなかったので、新たに容易されたスクリーンショット取得コマンドは、これまでの不満を一気に解消してくれる存在になりました。

ファイル自動保存に対応した撮影方法もある

上記のショートカットキーで撮影した場合はファイルに自動保存されないと記しましたが、次のショートカットキーを用いることで、自動保存に対応させることができます。

スクリーンショットをファイルに自動保存するコマンド

+ PrtScn キーで 画面全体のスクリーンショット を指定のフォルダに出力します。

ファイルの保存先

[ピクチャ] フォルダ内の [スクリーンショット] フォルダ

紹介した3つのスクリーンショット撮影方法のうち、この方法でファイルの自動保存に対応しているのは画面全体のみです。

正しくは Windows 10 の XBox アプリを経由すれば + Alt + PrtScn で指定ウィンドウのキャプチャをファイル出力させることが可能。保存先も Xbox アプリで指定。

もしこのコマンドで画面キャプチャーして、所定の保存先にファイルが作成されない場合は、以下の手順で保存先の確認および保存先の変更ができます。

Windows key plus Print Screen saved folder
Windowsキー + PrtScr でキャプチャが保存できない?!ファイルの保存先を確認する方法
Windows 10 になりスクリーンショットの取得方法が大きく改善され、範囲指定キャプチャーや画像編集ソフトをすぐに起動したり出来るようになりました。 このあ...

OneDrive に自動保存

もう1つは OneDrive のフォルダへ保存する方法

OneDrive にログインしているのが前提ですが、設定画面の [バックアップ] タブにある [作成したスクリーンショットを OneDrive に自動的に保存する] にチェックを入れれば、OneDrive フォルダ内にある [画像] → [スクリーンショット] フォルダに自動保存されます。

OneDrive にスクリーンショットを保存する方法

OneDrive の設定は、Windows の右下にあるインジケーター領域にある OneDrive アイコンをクリックして [その他] を選択すれば [設定] メニューが表示されます。

長い Windows の歴史において、画面キャプチャの機能が拡張したのは今更感があるものの、ようやく標準機能として搭載されたのは嬉しいアップデートです。Windows 10 になってようやく本腰を入れた基本操作の改善は、今後も期待したいところです。

以上、Windows 10 でスクリーンショットを撮影する方法の紹介でした。

この記事をシェアする

最新の更新情報は、Twitter、Facebook、Freedly にてお届け!

NJ-CLUCKER RSS

このブログの運営者

NJ

元システムエンジニアから、個人事業主として独立。Web サイト運営、動画制作など活動の場を広げています。このブログでは、困ってたどり着いた人に、分かりやすく答えを提供できるように心掛けています。

更新情報は、Twitter や Facebook ページを参照ください。フォローお待ちしています。

Facebook ページ NJ-CLUCKER
このブログが役に立ったら
「いいね!」お願いします