外部ディスプレイに Windows スタートボタンとタスクバーを表示する方法

2015/07/14

ノートパソコンに、キーボード、マウス、外部ディスプレイを接続すれば、まるでデスクトップ PC のような使い心地になります。しかもデスクトップがデュアルモニタ (2画面) になるので、画面が広くなって快適な環境になります。

通常は、ノートパソコン側のディスプレイがメインとして扱われますが、大きな外部ディスプレイを接続している場合、そちらのモニターで作業する機会が多いのではないでしょうか。

ファイルを開くたびに別のモニターに移動させるのは、ちょっとした手間になります。そこで設定を変更して、外部ディスプレイ側をメインにしてあげることで、一気に作業効率が向上します。

外部ディスプレイをメインディスプレイにする方法

まずはデスクトップ上で右クリックをして「画面の解像度」を選択します。

start-button-taskbar-on-second monitor02

ディスプレイの表示変更」画面が表示されるので、メインディスプレイにしたいディスプレイ番号を選択 (画面上では②) し、「これをメインディスプレイにする」にチェックを入れ更新すれば完了です。

start-button-taskbar-on-second monitor03

メインディスプレイにはタスクバーや スタートボタンが表示されるようになります。これで常に大きい画面の方をメインとして扱えるようになるので、すぐに便利になったことを実感できると思います。

start-button-taskbar-on-second monitor04

ノートパソコンも環境を整えれば最強の作業環境を作れる

上記で紹介した内容はほんの些細な変更ですが、ちょっとした使い勝手の向上の積み重ねが作業効率にも跳ねてきます。加えて以下の設定を行えば、ノートパソコンをデスクトップ端末のように扱うこともできます。

ノートパソコンを閉じてもスリープさせない方法
ノートパソコンの性能向上は著しく、もはやデスクトップ端末がなくても困るような機会は大きく減りました。高性能で場所も取らない。それに加えて持ち運びに便利。唯一のデメリッ...

小さいパソコンは持ち運びに便利な半面、屋内で集中して作業するには不向きです。解像度が 1920×1080 のフル HD であれば、逆にデュアルモニターにしない方が利便性がアップします。

余談ですが僕のメインディスプレイは EIZO FlexScan EV2450 です。以前は 1200×1024 の 19 インチモニターでしたが、大きなモニターは作業しやすくて気持ちが良いです。

EIZO のモニターは評判も高く、一生このモニターと付き合っていくのではないかと思うくらい、使い勝手も満足度も高いです。細かい機能について、以下のページでも紹介しているので、よろしければ参照ください。

【レビュー】EIZO FlexScan EV2450 は複数の入力端子、USB ハブ機能を備えた液晶モニター
ついに買ってしまった!これまで僕が使っていたモニターは 2006年発売の MITSUBISHI RDT197S で、かれこれ10年近く使っていました。当時は ...

Name :
気力・体力勝負なシステム業界のエンジニアを経て、個人事業主として独立。Web サイト運営、動画制作など活動の場を広げています。目指すところへの道のりは険しいですが、自分が自分らしくあるために、一歩ずつ進んでいきます。

このブログでは、困ってたどり着いた人に、分かりやすく答えを提供できるように心掛けています。更新情報は、Twitter や Facebook ページを参照ください。よろしければフォローお待ちしています。

プロフィール詳細 Twitter @_NJ69_
Facebook ページ NJ-CLUCKER シェア
このブログが役に立ったら
「いいね!」お願いします
PAGE TOP ↑