Windows 10 無料アップデートは2016年7月29日まで

更新日: 公開日:2015/06/24
Windows 10 無料アップデート期限

Windows 10 の発売日が、2015年7月29日に決定しました。これに伴い 6月1日より Windows 7 および Windows 8.1 上で Windows 10 への無償アップグレードを行えるプログラムの提供が開始されました。

Windows 10 を無償で手に入れる予約をする

前述の通り、Windows 7 または Windows 8.1 の場合、無償でアップグレード可能で、リリース日までに事前予約できます。画面右下のタスクバーに アイコンが表示されていませんか?

Windows 10 のアップデートを表すアイコン

もし表示されていなければ、Windows Update を行ってください。再起動後に アイコンが表示されるようになります。

このアイコンをクリックすると、予約画面が表示されます。この段階では事前予約であるため、すぐにインストールは行われません。

windows-10-free-upgrade03

画面から「無償アップグレードの予約」を選択すると、アップグレード予約の確認内容を送るメールアドレスの入力を促されます。

windows-10-free-upgrade04

メールアドレスを入力し [確認の送信] を選択すると手続きが完了して、Windows 10 アップグレードの予約成立のメールが届きます。しかし、ここでメールアドレスを入力しなくても手続きは完了できるので、メアドを入力したくない場合は、電子メールによる確認をスキップすれば OK です。

windows-10-free-upgrade05

無償アップグレードの期限は2016年7月29日まで

無償期間が終わらないうちに早くアップデートしなきゃ!と思っている方は、ちょっと立ち止まって考えてみてください。期間は発売日から1年間あります。よほど新しい Windows 10 に触れたい人でない限りは、すぐにアップグレードするのは控えておいた方が良いです。

OS リリース直後からバグ修正は始まっている

Windows に限らず iOS や Andoroid もそうですが、開発者がいくらテストをしてもリリース時に 100 点の状態で提供されることはありません。つまり何かしらのバグが必ず潜んでいる可能性が高いです。

OS の更新は急がば回れです。数ヶ月様子を見て、いくつかのバグが改修されて問題無さそうであれば、アップグレードする選択肢を選んでも良いでしょう。

通知が来るので忘れることはありません

期間は1年間あります。その間、何度もアップグレードするようアラートが届きます。おそらくウザいくらいに。(笑) ですので、パソコンを使っている限りは、無償アップグレード期間を逃してしまう心配はありません。

今使っているOSは何ですか?

安易にアップグレードしてしまうと、使いづらくなってしまう可能性もあります。現在 Windows 7 を使っている場合は、インターフェースが大きく変更されるため、馴染むのに時間が掛かることも懸念されます。

新しい OS が必ずしもメリットを生むとは限りません。ある程度は情報収集した上で、アップグレードの可否を選んだほうが良いと思います。

一方、既に Windows 8.1 を利用しているならば、更新してもそれほど抵抗は無いと思われます。むしろ Windows 10 のほうが、使いやすく感じる点が多いです。

まとめ

ユーザーごとに状況は異なりますが、しばらく様子を見てから Windows 10 にアップグレードしても間に合いますよ!と言うことです。

<追記>
実際に Windows 8.1 から Windows 10 へアップグレードしました!

この記事をシェアする

このブログの運営者

NJ

元システムエンジニア。個人事業主として独立して Web サイト運営、ポップデザインや動画制作など、パソコンでモノづくりしています。

プロフィール詳細

おすすめページ