Android 標準機能で画面録画する方法!専用アプリはもういらない!

更新日: 公開日:2020/09/17
Android 標準機能で画面録画する方法!専用アプリはもういらない!

Android のバージョンアップに伴い、外部のアプリを使わなくても、Android 内の標準機能として画面録画ができるようになりました。これでゲームのプレイ画面など、簡単に録画できるようになります。

Android の画面録画に対応するのは、2020年末にリリースされた Android バージョン 11 以降です。バージョンが不明な場合は、次の手順で確認してください。

では具体的な使用方法を紹介します。

画面録画の機能を使えるようにする

Android の初期状態では、画面録画の機能が使えない場合があります。まずはメニューを表示して、機能を使えるようにします。

スクリーンレコードのメニューを表示

  1. 画面を上から下にスワイプしてクイックメニューを表示
  2. 左下の編集アイコンからクイックメニューを編集
  3. スクリーンレコードのメニューをタップしながら任意の位置に追加

クイックメニューを表示して編集画面へ遷移
スクリーンレコードのメニューを任意の位置に追加

追加するスクリーンレコードのメニューは、好きな場所に配置できます。なお他のメニュー項目も、ロングタップすれば配置を換えられます。

追加したら左上の [←] から戻れば終了です。

スクリーンレコードのメニューが追加された状態

スクリーンレコードの使い方

クイックメニューに追加した [スクリーンレコード] メニューから録画を行います。開始する前に簡単な設定をしてから、録画スタートします。

画面録画の手順と設定内容

まずはクイックメニューから追加した [スクリーンレコード] を選択。すると録画開始前の設定として、どの音を録音するのか、そして画面上をタップした情報も録画するのか設定します。

スクリーンレコードのメニュー起動
画面録画の内容設定

[録音] の項目は、スマホのマイク音声と、デバイス(スマホ本体)の音声のどこまでを録音するか設定します。マイクで録画しない場合は [デバイスの音声] を選択すれば OK です。

画面録画の音声設定

右側のチェックが ON になると、録音や画面をタップした情報が有効になります。

初期状態では OFF になっているので、そのまま開始してしまうと音声が録音されないので気をつけてください。

あとは右下の [開始] をタップすれば録画スタートです。

画面録画を開始

デバイスの音声を録音する場合、スマートフォンから音が鳴っている必要はありまえせん。本体のボリューム設定に関わらず、一定の音量で録音される仕組みです。

録画の停止およびデータの確認方法

録画が開始すると、通知エリアに通知エリアにスクリーンレコーダーでの録画状況が表示されます。ここをタップすれば、画面の録画が終了します。

画面録画を停止

録画が終わると、データを保存した旨の通知が届きます。タップをしてデータを確認できます。

画面録画したデータを確認する方法

スクリーンレコーダーで画面録画したデータの保存先は、メインストレージ直下にある Movies フォルダです。

画面録画サンプル

では実際に画面録画したデータをご覧ください。

録画される画質が綺麗

上のサンプルは Twitter にアップしたデータなので若干画質は落ちています。しかし元データをスマホ上で見る限り、録画なのかスマホを操作している状態なのか判断できないくらい綺麗に録れています。

録画データのプロパティを見ると、最大でビットレートが 50 Mbps のフレームレートが 60 FPS くらい。控えめに言っても、めっちゃ高画質!ここまで綺麗だと、もはやサードパティー製のアプリを使う必要はなさそうですね。

この記事をシェアする

このブログの運営者

NJ

元システムエンジニア。個人事業主として独立して Web サイト運営、ポップデザインや動画制作など、パソコンでモノづくりしています。

プロフィール詳細

おすすめページ