5日間のビッグセール開催中

Android スマホの内部共有ストレージの空き容量を増やす3つの方法

更新日: 公開日:2018/01/10
Androidの空き容量を増やす

Android は SD カードを利用することで、スマートフォンの容量を増やせるメリットがあります。しかしダウンロードしたアプリの情報は、内部ストレージに保存されることが多いため、SD カードを使っていても容量不足に悩まされることがあります。

内部ストレージの空き容量が少なくなると、警告メッセージが表示されます。そのまま放っておくと、Android が頻繁にフリーズしたり強制的に再起動されることもしばしば。予期せぬ動作をするようになるため、対策が必要になります。

そこで、内部ストレージの空き容量を増やすために出来る対策を3つご紹介していきます。

内部ストレージの空き容量の増やし方

キャッシュ情報を削除

キャッシュデータの削除は、すぐに効果が現れます。しかしこの方法は一時的に空き容量が増えるだけで、しばらくスマートフォンを使い続けると勝手にデータが溜まってしまいます。

頻繁にキャッシュを削除しなくてはいけない状況になってしまったら、ほかの手段を検討してください。

Android のバージョンが上がり、上記の記事に記載のある設定画面からキャッシュの一括削除が出来なくなってしまいました。ブラウザや SNS 系のアプリはキャッシュの量が膨大になるため、それらをアプリ毎に消してあげれば、キャッシュ問題の大半は解決します。

内部ストレージのデータを SD カードへ移動

SD カードの容量に余裕がある場合、内部ストレージのデータを移動してしまいましょう。使用容量が 75% を超えると、通知されるのと同時に移動するためのツールが立ち上がるので、それに従って操作すれば簡単に移すことができます。

この通知を待たなくても、次の方法でいつでも SD カードへデータを転送することができます。

もし SD カードの空き容量が少ないのであれば、容量の大きい SD カードの購入も視野に入れてください。写真や音楽のデータが多い人であれば、SD カードの買い替えで解決するケースが多いです。

不要なアプリの削除

これは最終手段です。特に SNS 系のアプリは、内部で持っているデータが大容量になりがちです。特に LINE はメッセージ内容が蓄積されるため、容量が大きくなる傾向にあります。

Facebook や Twitter は、アンインストールして再インストールすることで全体のデータ量が小さくなります。しかし LINE の場合、メッセージを残したいのであればバックアップを取得する必要があり、それを元の状態に戻す作業も行わなくてはいけません。(かなり手間の掛かる作業です。)

LINE のアプリはそのままにして、他のアプリで容量を削減できるなら、それに越したことはありません。

削除アプリの判断基準

削除するアプリに迷ったら参考にしてください。

  • 半年以上、一度も起動していないアプリ
  • 必要な時に再ダウンロードするのが苦でないアプリ
  • ほとんどプレイしていないゲームアプリ

会員カードの役割を担っているようなアプリは、それほど容量が大きくないため残しておいても影響はありません。ゲーム系のアプリは、画像や映像データが多くふくまれるため容量も大きく、削除することで一気に空き容量を増やすことが期待できます。

ポケモン GO のようにセーブデータをサーバーに保存するタイプのゲームであれば、またプレイしたくなった時にダウンロードしてログインすれば、以前の状態から遊ぶことができます。空き容量を増やすことを優先とするなら、このようなアプリを消すことから始めてみてください。

容量不足の警告は対応必須です。
このことをお忘れなく!

この記事をシェアする

このブログの運営者

NJ

元システムエンジニア。個人事業主として独立して Web サイト運営、ポップデザインや動画制作など、パソコンでモノづくりしています。

プロフィール詳細

おすすめページ