Twitter のリツイートを取り消す方法 / 削除する方法

更新日:
Twitter のリツイートを削除する/取り消す方法

Twitter で誤ってリツイートしてしまった場合、それを取り消す方法は次の通りです。

  1. 自身のツイートしたタイムラインを開く
  2. もう一度、リツイートボタンを押す

手順はたったこの2つです。

実際に Twitter アプリ上でリツイートを取り消す手順を、画像で解説していきます。なお、パソコン等の Web ブラウザから閲覧している場合も、同様の手順にて取り消せます。

リツイートを取り消す方法

  1. まずはTwitterで プロフィール ページを開く
  2. 取消したいリツイートの投稿までスクロールする
  3. 緑色になっている【リツイートボタン】をタップする
    Twitterの緑色になっている【リツイートボタン】をタップする
  4. 【リツイートを取り消す】をタップする
    【リツイートを取り消す】をタップする
  5. リツイートが取り消されます
  6. 自身のタイムラインから削除されフォロワーのタイムラインにも表示されなくなる

パソコンからアクセスしている場合は「リツイートを取り消す」の確認メッセージは表示されません。そのままリツイートが取り消され、自身のタイムラインから削除されます。

フォロワー側でキャッシュが残っていると消えない場合がある

もしフォロワーが Twitter を開いて、あなたのリツイートの内容を一度閲覧している場合、あなたがリツイートを削除しても、フォロワーのアプリにキャッシュ情報が残っていると削除されずにそのまま表示される場合があります。

この場合、キャッシュの更新されるタイミングで削除されます。これは相手の Twitter 利用状況に依存するため、具体的にどれくらいの時間で消えるのか断言できません。よって、リツイートしたあとすぐに取消しても、タイミングが悪ければフォロワーに表示されてしまうのでご注意ください。

リツイートを取り消したはずなのに画面上に残ってしまう理由も含め、詳しくは次の記事に記しています。

以上、Twitter のリツイートを取り消す(削除する)方法でした。

\ この記事をシェアする /