【標準機能】Twitterで時間指定の予約投稿をする方法

公開日:
標準機能で時間指定の予約ツイート

Twitter で予約投稿できる機能が追加されました。これまでは TweetDeck など他のツールが必要でしたが、標準機能に組み込まれたことで簡単に時間指定ツイートできるようになりました。

では具体的な手順をご覧ください。

対応状況

Twitter アプリは未対応

現状はブラウザ版のみ対応。Android 版、iOS 版ともにスマホアプリは未対応です。

ブラウザ版Twitter対応・アプリ版Twitter未対応

ブラウザ経由であれば、スマホから開いてもパソコンから開いても手順は同じです

Twitter 予約投稿のやり方

ブラウザから Twitter を開く

Twitter アプリではなくブラウザ (Safari や Chrome) から開いてください。

もし Android でブラウザから Twitter を開けず自動的にアプリが起動する場合は、次の手順でアプリが勝手に起動する設定を解除してから行ってください。

日時指定してツイートする

予約投稿したいツイートの内容を入力して、入力欄の下にある時計マークのアイコンをタップします。

予約投稿したいツイートを入力して時計アイコンをタップ

投稿予定の日付と時刻を設定し、右上の確認ボタンをタップ。

投稿予定の日時を指定して確認

投稿の内容と予定日時を確認して、問題なければ [予約設定] を選択します。再び時計アイコンをタップすれば、日時を修正できます。

投稿予約を設定する

これで投稿予約は完了です。

予約内容を確認する方法

登録された予約の投稿は次の手順で確認できます。

  1. 新規ツイート画面を表示
  2. 上の [未送信ツイート] をタップ
  3. [予約済み] を選択

新規ツイート画面から [未送信ツイート] を選択

[予約済み] を選択

該当のツイートをタップすれば、予約投稿したツイートを再編集できます。また右上の [編集] ボタンをタップすれば、予約したツイートを削除できます。

指定日時に自動ツイートされる

予約投稿したツイートは、指定した時刻になると自動的にツイートされます。上記手順で設定して、予約投稿されたツイートがこちらです。

問題なく投稿されました。

返信は予約投稿可能

返信も同様に予約投稿が可能です。時計アイコンから日時を指定して、予約設定するだけ。

返信時の予約投稿

リツイートは予約投稿できない

コメント付きリツイートの場合、アイコンが選択できないため予約投稿できません。

予約投稿できないコメント付きリツイート

ただし Twitter の公式クライアントアプリの TweetDeck を利用すれば、コメント付きリツイートでも予約投稿可能です。詳しくは次の記事を参考にしてください。

以上、Twitter の標準機能で時間指定の予約投稿を行う方法でした。

この記事をシェアする

このブログの運営者

NJ

元システムエンジニア。個人事業主として独立して Web サイト運営、ポップデザインや動画制作など、パソコンでモノづくりしています。

プロフィール詳細

おすすめページ