Twitter のフォロワー削除機能とブロック&解除(ブロ解)によるフォロー解除の違い

公開日:
Twitter のフォロワー削除機能とブロック&解除によるフォロー解除の違い

Web 版の Twitter に実装された新機能である、フォロワーの削除機能。フォローされたくない人にフォローされても、ミュートやブロックをする感覚で相手のフォローを解除できるというもの。

相手のプロフィールの アイコンから、削除が可能です。

この機能が実装される前は、ブロックして即座に解除する、いわゆる「ブロ解」と呼ばれる手法が行われていました。ブロックすると相手のフォローが外れる仕組みを利用したものです。

今でも「ブロック&解除」は相手のフォローを解除する方法として有効ですが、実は新機能の「フォロワー削除機能」と挙動が異なります。

フォロワーの削除とブロック&解除の違い

フォロワー削除

相手が自分をフォローしている状態を解除して、未フォロー状態にする。

フォロワー削除前とフォロワー削除後の違い

フォローを切る状態になるだけであるため、相手が再びフォローすることはできる。

ブロック&解除

相手をブロックすると自分との関係が切れるため、相手からのフォローが外れる。もし自身が相手をフォローしていた場合、そのフォローも外れる。

ブロック前とブロック後の違い(ブロック解除後も同様)

ブロックのままにしておくと、相手はもうフォローできなくなる。しかし相手が自分のページを開いた時に、ブロックされていることが伝わってしまう。

一方でブロックを解除すれば、相手をブロックしたことがバレない。しかしブロック解除により、相手か改めてフォローできるようになる。

この記事をシェアする

このブログの運営者

NJ

元システムエンジニア。個人事業主として独立して Web サイト運営、ポップデザインや動画制作など、パソコンでモノづくりしています。

プロフィール詳細

おすすめページ