Windows 11 の初期設定でローカルアカウントを作成する方法。Microsoft アカウントを使わない手順を紹介

更新日: 公開日:2021/10/25
Windows 11 Home で Microsoft アカウントを使わない方法。初期設定でローカルアカウントを作成する手順

パソコンを購入したり、OS をクリーンインストールした後、最初に行う Windows 11 の設定。ここでユーザーアカウントを設定するのですが、何故か Windows 11 では強制的に Microsoft アカウントを追加する流れになっています。

このようにサインインオプションを開いても、ローカルアカウントを作成するような項目がありません。

Windows 11 Home サインインオプションを選択

Windows 11 Home のサインインオプションにはオフラインアカウントが選択肢にない

これまでの習慣から Microsoft アカウントを使いたくない人もいるでしょう。

では一体どうすれば、Microsoft アカウントを使わずログインできるようになるのか?ローカルアカウント(オフラインアカウント)の方法を紹介します。

ローカルアカウントの作成手順

基本的にネット環境が必要

そもそも Microsoft アカウントは、オンラインで認証する必要があります。そのため Windows 11 は、基本的にインターネット環境がないと初期設定が行えません。

もしインターネット環境に接続せずにセットアップするとどうなるのか?

その場合は、国または地域の選択、キーボードレイアウトの確認を経たあと、ネットワーク接続画面が表示されます。そしてここでネット回線に接続しないと、先に進めない仕様になっています。

Windows 11 Home はインターネット未接続だと先に進めない

つまりネット環境がなければ、Windows 11 Home の初期設定はできません。

ネットにつないでアカウント認証へ

先ほどのネットワーク接続画面で、有線 LAN もしくは Wi-Fi 環境に接続すると、デバイス名の登録を経て Microsoft アカウントの追加画面に遷移します。

デバイス名をつける

Windows 11 初期設定 Microsoft アカウントの追加

ここでアカウント認証ができないようにします!

ネットワークを切断する

Microsoft アカウントを追加する画面が表示されたら、インターネットに接続している状態から切断します。具体的に次のようなことをすれば、回線を切断できます。

  • 有線接続している場合は LAN ケーブルを抜く
  • Wi-Fi ルーターとモデムをつなぐ LAN ケーブルを抜く
  • Wi-Fi ルーターの電源を切る
  • Wi-Fi の電波が届かない場所へ移動する

インターネットにつながっていない状態にしたら、左上の [←] 矢印アイコンをクリックするだけ。

Microsoft アカウントの追加画面でネット回線を切断して左上の矢印をクリック

もうこれで Microsoft アカウントが認証できない状態になりました。

ローカルアカウントが作成できるようになる

インターネット環境から切断した上で戻る [←] を押すと、なんとローカルアカウントの作成画面に切り替わります。これで目的のアカウントを作成できます。

ローカルアカウントのユーザー名登録

ローカルアカウントのパスワード登録

ユーザーとパスワードを設定したら、アカウント作成完了です。

余談ですが、ローカルアカウントならパスワードを未設定にできます。セキュリティーが皆無の状態ゆえ、僕が誰かに薦めることはありませんが、パソコンを起動してパスワード入力したくない人はお試しください。

Windows 11 Pro はローカルアカウント作成可能

Windows 11 のライセンスが Home ではなく Pro であれば、Microsoft アカウント追加画面でサインインオプションを選択すれば、ローカルアカウント(オフラインアカウント)が作成できます。

Windows 11 Pro サインインオプションを選択

Windows 11 Pro はサインインオプションからオフラインアカウントが作成できる

このオフラインアカウントを選択すれば、先ほどのローカルアカウントの入力画面に遷移します。

ローカルアカウントのユーザー名登録

僕はテスト環境でローカルアカウントを使ったりするので、Windows 11 Home でも簡単にローカルアカウントが作成できるようにして欲しいですね。

もし自作パソコンなどで、これからライセンスを購入するのであれば、いろいろと使い勝手の良い Windows 11 Pro を選ぶのも悪くないと思います。ただ2021年10月現在、Windows 11 のプロダクトキーは販売されていないため、Widows 10 Pro のライセンスを利用すれば OK です。

なお Windows 11 のインストール画面で、Windows 10 のプロダクトキーがそのまま使えるので、こちらを購入しても問題ありません。

この記事をシェアする

当サイトは Microsoft アフィリエイトプログラムを利用して報酬を得ています

このブログの運営者

NJ

元システムエンジニア。個人事業主として独立して Web サイト運営、ポップデザインや動画制作など、パソコンでモノづくりしています。

プロフィール詳細

おすすめページ

Amazon BLACK FRIDAY 11/26から12/2まで開催中