パソコン版 Google ドライブのインストール手順。バックアップと同期からの移行方法

公開日:
パソコン版 Google ドライブをインストールする

パソコン上のファイルと Google ドライブを同期するアプリが変更された。これまでの「Backup and Sync バックアップと同期」から、パソコン版 Google ドライブへ置き換えられる。

「パソコン版 Google ドライブが間もなくリリースされます」

このようなメッセージが表示されても、何をすべきかよくわからない。そんな利用者に向けて、簡単に解説をしていく。

旧アプリは利用できなくなる

これまで使っていた Backup and Sync は2021年9月末で利用できなくなる。その代わりにリリースされたのが、新しいパソコン版 Google ドライブだ。細かい機能説明は割愛するが、現状プラスαの機能が用意されている。

よってアプリの更新が必要になる。実際には既存アプリとの入れ替え作業を行う。

アプリの移行方法

  • 新しいパソコン版 Google ドライブをインストールする
  • 既存のバックアップと同期から設定は引き継がれる
  • バックアップと同期のアンインストールしてから行う必要はない

既存のアプリは、新しいパソコン版 Google ドライブをインストールする手順の中でアンインストールが実施される。

しかしここで1つ、新しいパソコン版 Google ドライブのインストーラーがどこにあるのか、わかりづらい問題がある。ダウンロードページが単独で存在するわけでもなく、ヘルプページに紛れているのだ。

パソコン版 Google ドライブをインストール

インストーラーの場所はこちら

「パソコン版 Google ドライブをダウンロードしてインストールする」の中に、Windows 版ならびに Mac 版のインストーラーが用意されている。

パソコン版 Google ドライブのインストーラー

既存アプリ Backup and Sync を利用している場合は、Google アカウントにログインするだけで設定が引き継がれる。そして設定を引き継いだ後、Backup and Sync のアンインストール処理が実行される。

これで移行は完了だ。

ドライブ一覧に表示される

Windows の場合、以下のように仮想ドライブとして表示されるようになる。僕は複数の Google アカウントを同期しているため、このように2つのドライブが追加された。

仮想ドライブとして Google ドライブが表示される

ドライブレター(F: や G:) は空いているものから自動的に割り当てられる。設定から変更可能だ。

このドライブに割り当てられる容量は、Google のクラウド上で保存できる容量を示している。通常は 15GB が割り当てられる。なお有料の Google One を契約すれば、最大 2TB まで容量を増やせる。

Google のクラウドに保存できる空き容量が Windows 上から確認できるのは便利だ。

ちなみにこのドライブは仮想ドライブであり、ストレージ上にパーティションが区切られるわけではない。パソコン版 Google ドライブが起動している間だけ、表示される機能である。

この記事をシェアする

このブログの運営者

NJ

元システムエンジニア。個人事業主として独立して Web サイト運営、ポップデザインや動画制作など、パソコンでモノづくりしています。

プロフィール詳細

おすすめページ