Twitter で時間指定してツイートする方法!TweetDeck の予約投稿機能を利用する

公開日:
Twitter 時間指定ツイート

ツイッターで時間指定の予約投稿をしたい!

そんな要望に答える方法を紹介します。結論を先に言ってしまうと、ツイッターの公式クライアントアプリケーションの1つである TweedDeck を利用すれば実現できます。

TweetDeck とは

ツイートのタイムラインや通知の一覧、トレンド、アクティビティ、メッセージなどを1つの画面で閲覧できるアプリケーションです。ツイッターアカウントでログインするだけで無料で使えます

わざわざ画面遷移しなくても全てが1画面で閲覧でき、画面表示項目のカスタマイズも可能。パソコン画面でツイッターを管理するのに長けています。

TweetDeckの画面

項目ごとに横に複数列並ぶのが特徴で、表示する列の増減も自由にできます。

元々は TweetDeck 社の製品だったのを Twitter 社が買収したことで、公式アプリになりました。他社製アプリではないので、セキュリティー面でも安心です。

最大の特徴はアカウントの共有機能

端的に伝えると TweetDeck でアカウントが共有できます。他の Twitter アカウントに招待状を送って、ツイートやメッセージを送る権限だけを付与するイメージです。もちろん、その権限を利用できるのは TweetDeck 上に限られますが。

この共有機能を使えばアカウントのパスワードを教える必要がないので、安全性も高いのが特徴です。詳しくは公式サイトをご覧ください。

TweetDeck はパソコン向けアプリ

パソコンのモニターで一覧するためのアプリなので、画面は横長の構成。スマホからも閲覧できるものの、画面の構成上使い勝手はよくありません。

Mac OS 向けに限り TweetDeck のアプリが Mac App Store から入手できますが、わざわざアプリをインストールするほどでもないので、Web アプリケーション版を利用するのが一般的です。

Twitter 予約投稿のやり方

では TweetDeck を使った予約投稿の手順を解説していきます。

TweetDeck にログインする

まずは予約投稿したいアカウントを使って、TweetDeck にログインします。

TweetDeck ログイン画面

ログインが完了すると TweetDeck の一覧画面が表示されます。

TweetDeck は全て英語表記です。日本語表示には切り替えられません。

ツイート画面を開いて時間指定する

TweetDeck 画面左上の [Tweet] ボタンで投稿画面を開きます。するとツイートの入力画面が現れるので、そこから [Schedule Tweet] を選択すれば予約投稿時間が指定できます。

TweetDeck のツイッター投稿画面

投稿時刻は AM・PM の12時間表記になっていますが、時間の欄に 0~24 の数字を入れれば自動的に AM・PM 表記に変更してくれます。また時刻指定の投稿をやめる場合は、カレンダー下にある [Remove] を選択すれば解除されます。

ツイッターの予約投稿で日付と時刻を指定する

時刻を指定すると [Tweet] ボタンが [Tweet at 6:20pm] のように表示が変更されます。なおツイート入力欄の下に記載していますが、予約投稿を実施したら TweetDeck を起動していなくても自動的に投稿されます。

ツイートボタンが指定時刻に変わる様子

予約投稿の内容を確認

予約投稿が終わると、画面の右側に [Scheduled] の列が追加されます。投稿の予約をしているうち、まだ投稿時刻に達していないツイートの一覧が表示されます。複数の予約投稿がある場合は、リストに複数表示されます。

予約した予定時刻前であれば、投稿内容の修正や削除が可能です。

予約投稿の内容を確認

もし [Scheduled] の列が表示されていない場合は、画面左側にある [ Add Column] から [Scheduled] を追加すれば OK です。

指定時刻に自動的にツイートされる

投稿の予約をしたら、あとは待つだけ。パソコンの電源を切っても大丈夫です。先ほど例で予約投稿したツイートは、このように指定時刻ぴったりに投稿されます。

返信やリツイートも予約投稿できる

TweetDeck を使えば、返信やコメント付きリツイートも時刻を指定した予約投稿が可能です。返信の場合、返信画面の左下にあるアイコンを選択すれば、簡易返信画面から通常のツイート入力画面に遷移します。

ツイートの返信から投稿予約を実施

あとは通常のツイート予約投稿と同様に、日時を指定するだけです。

返信ツイートの予約投稿

リツイートの場合は、コメント付きリツイート [Retweet with comment] を選択すればこの画面に遷移します。

コメントのない通常のリツイートの場合、時刻指定はできません。

どうしてもスマホから投稿したい場合

スマホを縦持ちすると、表示領域が切れてしまい入力内容が確認しづらくなります。一方で横持ちすると文字が入力しづらくなります。唯一対応できる方法としては、縦持ちの状態で左下にあるメニュー項目の [Collapse] をタップすればメニューが折りたためます。これでスマホからもどうにか予約投稿ができます。

スマホから投稿する場合はメニューを折りたたむ

TweetDeck は便利な Web アプリ

今回は TweetDeck の予約投稿機能に特化した紹介となりましたが、パソコンから Twitter を投稿する機会が多い人にとって TweetDeck は非常に便利な機能が用意されています。特定ワードの検索結果を列に追加して常に追いかけられる状態にしたり、特定アカウントのツイートのみを表示させる列を追加したり……と状況に応じて頻繁にカスタマイズしています。

慣れるまでは見づらいですが、全ての情報を1つの画面で閲覧できるのは本当に便利です。もし TweetDeck 未体験であれば、これを機会に是非使ってみてください!

以上、Twitter で日時指定による予約投稿を行う手順の紹介でした。

この記事をシェアする

最新の更新情報は、Twitter、Facebook、Freedly にてお届け!

NJ-CLUCKER RSS

このブログの運営者

NJ

元システムエンジニアから、個人事業主として独立。Web サイト運営、動画制作など活動の場を広げています。このブログでは、困ってたどり着いた人に、分かりやすく答えを提供できるように心掛けています。

更新情報は、Twitter や Facebook ページを参照ください。フォローお待ちしています。

Facebook ページ NJ-CLUCKER
このブログが役に立ったら
「いいね!」お願いします