Windows XP ネットワーク接続時のパスワード保存先

2006/10/23

Windows 7 の場合は、こちらを参照ください。

Windows7 ネットワーク接続時のパスワード保存先と削除・編集方法
Windows 10、Windows 8.1 に関する情報は、こちらをご覧くださいWindows XP に関する情報は、こちらをご覧ください...

Windows 10 の場合はこちら。Windwos 8.1 もこちらをご覧ください。

Windows 10 ネットワーク接続時のパスワード保存先と削除・編集方法
※ Windows 7 に関する情報は、こちらをご覧ください以下の内容は Windows 8.1 の場合も同様になります。ネットワーク上のPC...

ネットワーク上のPCにアクセスする場合、以下のようにユーザ名とパスワードの入力を求める画面が表示されることがあります。

stored-network-password-on-windows-xp01

接続先端末へのアクセス権のあるユーザー名/パスワードを入力し認証することで、アクセス可能になります。[パスワードを記憶する] にチェックすると、次回より入力を省略することができます。

しかし、最初に接続をした時に登録したユーザ名/パスワードの設定で、PC 再起動後にうまく接続できない場合があります。僕のケースでは、最初に接続した時に接続先マシンのユーザ名でアクセスしたにも拘わらず、再起動後には参加しているドメインのユーザとしてアクセスを試みているようでした。(ちなみに接続しようとしているマシンは、ドメインに参加していません。)

ドメイン参加ユーザと、接続先マシンに登録されている接続用のローカルユーザは、当然のことながら管理元が異なります。どうしてこのように設定情報が変わってしまうのかは不明です。

どうにかしたいけれど、直接アクセスを試みると「ユーザー名が見つかりません」と怒られてしまいます。このままではいつまで経ってもアクセスできないので、ここは記憶させたパスワードをリセットすることにしましょう。

以下の手順で「ユーザーアカウント」の画面を開いてください。

[コントロールパネル] → [ユーザーアカウント] → [詳細設定]タブ

stored-network-password-on-windows-xp02

[パスワード管理(M)] を選択すると、接続先のコンピュータ名もしくは IP アドレスが表示されるので、ここから直接プロパティを開いて対象となるコンピュータへの接続情報(ユーザー名/パスワード)を変更することができます。

また、同画面から接続情報を追加/削除を行うことも可能です。アクセスするユーザーを変更したい場合は、この画面から編集することができます。

接続情報を削除すると [パスワードを記憶する] の設定内容が削除されます。削除することで「ユーザー名が見つかりません」とエラーが出て怒られることもなく、再度、接続画面が表示させるようになります。

stored-network-password-on-windows-xp03

[パスワードを記憶する] のチェック、結構安易に保存しがちなのですが、どこに保存されているかきちんと把握しておくことも大切ですね。

Name :
気力・体力勝負なシステム業界のエンジニアを経て、個人事業主として独立。Web サイト運営、動画制作など活動の場を広げています。目指すところへの道のりは険しいですが、自分が自分らしくあるために、一歩ずつ進んでいきます!

このブログでは、困ってたどり着いた人に、分かりやすく答えを提供できるように心掛けています。更新情報は、Twitter や Facebook ページを参照ください。よろしければフォローお待ちしています。

Facebook ページ NJ-CLUCKER
このブログが役に立ったら
「いいね!」お願いします
PAGE TOP ↑