Windows XP ネットワーク接続時のパスワード保存先

更新日: 公開日:2006/10/23
Windows XP ロゴ

Windows 10 の情報はこちら。Windwos 8.1 もこちらをご覧ください。

Windows 7 の場合は、こちらを参照ください。

ネットワーク上のPCにアクセスする場合、以下のようにユーザ名とパスワードの入力を求める画面が表示されることがあります。

Windows XP ネットワーク接続時のパスワード入力

接続先端末へのアクセス権のあるユーザー名/パスワードを入力し認証することで、アクセス可能になります。[パスワードを記憶する] にチェックすると、次回より入力を省略することができます。

しかし、最初に接続をした時に登録したユーザ名/パスワードの設定で、PC 再起動後にうまく接続できない場合があります。

僕の環境では、予め続先マシンのユーザ名でアクセスしていたのに、再起動後には参加ドメインのユーザとしてアクセスを試みているようでした。(ちなみに接続先のマシンは、ドメインに参加していません。)

ドメイン参加ユーザと、接続先マシンに登録されているローカルユーザは、当然のことながら管理元が異なります。どうして接続時の設定情報が変わったのかは不明です。

直接アクセスを試みると「ユーザー名が見つかりません」とエラーが出てしまいます。このままではいつまで経ってもアクセスできないので、記憶させたパスワードをリセットして問題を解決します。

以下の手順で「ユーザーアカウント」の画面を開いてください。

  1. コントロールパネル
  2. ユーザーアカウント
  3. [詳細設定]タブ

Windows XP ユーザーアカウントの詳細設定

ここで [パスワードの管理(M)] を選択します。

接続先のコンピュータ名、もしくは IP アドレスが表示されます。ここからプロパティを開いて、接続情報(ユーザー名/パスワード)を変更できます。また、接続情報の追加/削除も行えます。

接続情報を削除すると、記憶したパスワード情報も削除されます。接続情報を削除することで、ネットワーク接続時の「ユーザー名が見つかりません」とエラーが出ることはなくなり、再びユーザー情報入力画面が表示されます。

Windows XP ネットワーク接続時のパスワード入力

[パスワードを記憶する] は安易にチェックしがちですが、どこに保存されているか把握しておくことも大切です。

この記事をシェアする

このブログの運営者

NJ

元システムエンジニア。個人事業主として独立して Web サイト運営、ポップデザインや動画制作など、パソコンでモノづくりしています。

プロフィール詳細

おすすめページ