Velbon カーボン三脚 Geo Carmagne E445M を型落ちで安く購入できました

2016/05/31

初めてデジタル一眼レフカメラを手に入れたのが2007年のこと。820万画素ながらに、ずっと相方として頑張ってくれた Canon EOS 30D を使い続けて丸9年。

今となっては古いカメラになってしまったけれど、日中撮影するには何ら支障のないので、つい先日まで現役バリバリでしたが、そろそろ ISO 感度が高いカメラが欲しくなり、EOS 80D が発売されたことを機に、値段の下がった EOS 70D を手にれました。

新しいカメラを手にすると、初めて一眼レフカメラを手にした時のようなカメラ熱が自身の中で沸き起こり、あれこれと新しい機材が欲しくなってしまうのが心情というもの。

これまでは街撮りやポートレート、旅行先の観光ついでに撮る程度だったので、まともな三脚を持っていませんでした。せっかくカメラを新調したのだから、今までまともに撮影したことのない夜景撮影に手を出そうと考えています。

そこで手に入れた三脚が、日本の老舗メーカーであるベルボンのカーボン素材の三脚 Geo Carmagne E445M です。

なぜ Velbon の三脚を選んだのか?

参考にした情報は YouTube

カメラ機材に関しては JETDAISUKE さんを始めとし、数多くの YouTuber がレビュー動画をアップしているので、まずはそちらを参考にしました。しかし YouTube で紹介されている三脚は Manfrotto 製品が多く、他のメーカーとの違いがあまりよく分かりませんでした。

ただ、用途に応じた選び方のコツがあるようで、実際に僕の目的に合った三脚を探すために譲れないポイントを挙げてから対象商品を絞り込んでみることにしました。

僕が求める三脚の条件

  • 持運びに便利な重量 (2kg 以内)
  • 脚段数4段以上 (縮長 60cm 以内)
  • 雲台の交換が可能な方が良い
  • 全高 150cm 以上
  • 耐荷重 2kg 以上

外で撮るために三脚を購入するので、軽くてコンパクトであることが大前提になります。ただ軽さだけを求めると、全高が低くなったり、パイプ経が小さくなり撮影時の安定性に欠けてしまうため注意が必要です。脚段数3段だと安定性は増しますが、畳んだ時の縮長が 60cm を超えてしまうので、やはり4段は欲しいところです。

素材に関してはアルミ製・カーボン製の条件はありません。より安く買うのであればアルミ製です。ただカーボンの方が質量が軽いので、同じサイズであればカーボン製の方が重量が軽くなります。アルミ三脚とはいえども、中には軽量化が施された商品も多く、カーボン並の軽さを持つ商品もあります。しかし使用するアルミの量が減り軽量化させる反面、耐久性に欠ける要素にもなりますので、値段と相談して選びたいところです。

雲台は好みと撮りたい被写体に依るところが大きいかもしれません。僕としては風景画像をメインで撮りたいので、自由雲台よりも、3way 雲台の方が使い勝手が良いと思っています。また雲台を単体で買うと10,000円前後するので、セットで売られているものを対象に考えています。そして雲台が交換できるタイプの方が望ましいです。

全高を 150cm 以上としているのは、低すぎない三脚という意味合いが大きいです。持ち運びやすさと相反する要素ではありますが、低くて後悔するよりは背の高い三脚を選びたいところです。

耐荷重に関しては、持っているカメラ EOS 70D に標準ズームレンズを付けた重さに対して設定したものです。フルサイズ一眼レフや、超望遠レンズを載せるには力不足のスペックですが、今のところ大型レンズを付ける予定は無いので 4, 5kg もの耐荷重がある三脚でなくても構いません。

事前調査で候補に挙げた三脚

上記条件に基づいて家電量販店へ実物を見に行くことにしました。ビックカメラやヨドバシカメラには数多くの商品が並んでいます。ただ、いきなり行って探すのは大変なので、最低限見ておきたい候補モデルをピックアップしておくと良いでしょう。

全ての商品を対象に探すのは大変なので、気になったものを数点挙げておくだけでも違うと思います。ちなみに僕が候補として挙げた三脚は次のものになります。

他にも魅力あふれる商品は数多くあります。しかしネット上で見ていてもキリがないことが分かり、実際に足を運んで手で触って確認することにしました。

家電量販店は数が多すぎて迷子になる

向かったお店はビックカメラ有楽町店。数をかぞえるのが大変なくらい、三脚の品数があります。候補に挙げていた商品を探すのが大変だったので、他に似たような仕様の三脚も手にとって確認しました。

触ってみると、やはりカーボン製の方が格好良い。でも、値段はアルミ製が優位です。金額にして10,000円近く差が出てしまいます。安くて程良いものを探すか、お金を払って納得のいく商品を見つけるか、小一時間の葛藤です。更には三脚の数がありすぎて、いざ買うにしてもどれを選べば良いのか、頭の中が混乱していました。

三脚売り場を舐め回すように、一本ずつ仕様を確認し一通り見終わろうとした時のこと。平置きのお買い得品にさり気なく置かれていた商品が「Velbon Geo Carmagne E445M」でした。

型落ちの三脚に出会えて新品を格安で購入

Velbon Geo Carmagne E445M は2012年4月に販売開始された、希望小売価格 40,000円(税抜)の商品で、2016年5月の時点ではネット上の最安値が税込み24,000円くらいとなります。

しかし、ビックカメラで売られていた値段はなんと
税抜き 18,800円!

定価の半額以下で、かつ一番安く購入できると言われているネット上の価格より5,000円以上も安く売られていました。ただし特価品であるため、ポイントは1%しか付きません。それでも中古品よりも安いので、かなり衝撃的な価格と言わざるを得ません。

なぜ、こんなにも安く売られていたのか。これはおそらく、同型番の三脚が2016年4月に Geo Carmagne E445M II として リニューアルされたことによる、型落ちの在庫処分に巡り会えた結果ではないかと思っています。

E445M II は実売価格も35,000円台と割高感が否めませんが、ただ型落ちしただけでここまで安く買えてしまうのはタイミングが良かったと言うしかありません。それでも安い買い物ではありません。家電と異なり極端に性能が向上するものではないので、長年使える機材として良い買い物が出来たのではないかと思います。

Velbon Geo Carmagne E445M の特徴

velbon-geo-carmagne-e445m02

製品仕様

全高 (EV含)1,680mm
全高 (EV無)1,370mm
EVスライド量306mm
最低高225mm
縮長515mm
脚径/段数22mm/4段
質量1,540g
推奨積載量2.5kg ※Velbonは最大表記ではない
雲台PH-G40D
雲台取付ネジUNC1/4 ※細ネジ
クイックシューQB-62

耐荷重の項目はメーカーによって基準はことなりますが、大抵のメーカーは最大積載量として記載されています。しかしVelbon社の場合は、推奨積載量として明記されています。つまり構造上の限界値ではなく、三脚を機能的に使える重さの想定値を表しています。

一般的には最大積載量よりも軽いものを載せるように考慮しますが、Velbon社の三脚の場合、推奨積載量が 2.5kg であれば、2.5kg までであれば問題なく快適に使えることを意味しているようです。

メモリ付きエルロック構造

velbon-geo-carmagne-e445m03

三脚の脚はパチンと止めるようなエルロック構造になっています。カーボン製で軽く、かつ太いパイプが細いパイプをくわえて固定する構造となっているため、ロックを解除した状態でも自重で脚が伸びることはありません。

余計な遊びが無い分、手でそれぞれの脚をきちんと伸ばしてあげなくてはいけませんが、裏を返せば4段でも安定性を保てるような構造になっているということです。

また、脚にはメモリが付いているのがとても便利です。最大の高さまで伸ばさない場合に、このメモリを目安に縮める位置を決めることで、全体のバランズも安定します。

おもりを付けるエンドフックとストーンバック

センターポール下部には、取り外し可能なエンドフックが付属しています。アルミ製なので丈夫にできています。こちらを利用する際は、ご覧の通りカバン等を引っ掛けて三脚全体を重くすることで安定感が増します。

velbon-geo-carmagne-e445m04

風の強い日には荷物をぶら下げる方式だと、おもり自体がゆらゆら揺れてしまいます。そんな時は付属のストーンバックを利用します。エンドフックより設置の手間が掛かりますが、マジックテープ方式で脚にぐるぐると巻きつけられるので、簡単に付け外しできます。

velbon-geo-carmagne-e445m05

ローポジション撮影はセンターポールを分解

カーボン三脚とは言えど、センターポールはアルミ製となっています。構造上、ネジ止めに適した素材です。(カーボンでネジ山を切ると、使っているうちに削れてしまう。)

また、ローポジション、つまり低い位置で三脚を固定することが可能になっています。ここでひと工夫されているのがセンターポールです。三脚の脚を大きく開きセンターポールを短くすることで、ローポジション撮影を実現します。

このセンターポールが2つに分解できるような構造になっているので、下記のようにポールのネジを緩めて外すことができます。

velbon-geo-carmagne-e445m06

velbon-geo-carmagne-e445m07

あとは三脚の脚を短くたためば、ローポジション撮影用のセッティングのできあがりです。

velbon-geo-carmagne-e445m08

クイックシュー付き 3way 雲台 PH-G40D

velbon-geo-carmagne-e445m09

上下左右の固定は、ごく一般的なネジ止め式の雲台です。重いレンズを付けないことが条件ですが、軽く緩めれば、レンズの重さでガクッと前に倒れ込むこともありません。(使い込むうちに変わってくる可能性はありますが。)

雲台自体を交換できるモデルであるため、そのうち自由雲台やギア付き雲台に買い換える可能性ありです。

水準器は丸型水準器が申し訳ない程度に付いています。

velbon-geo-carmagne-e445m10

横撮りでは問題無いですが、カメラを縦にすると全く分かりません。この雲台で唯一改善してもらいたい点ですね。

クイックシューはネジのツマミがあるので、ネジを締め上げるためにコインを用意する必要はありません。またクイックシューは縦横どちらの方向にも対応しています。

ハンドルグリップをまとめてコンパクト収納

持ち運びの利便性は、いかにコンパクトにまとめられるかが重要になります。縮長は 52cm 程なので、結構ギリギリではありますが、機内持ち込み用のスーツケースに入れることもできます。

3way 雲台の場合、ハンドルグリップが2本別々な方向を向いているので、収納時に出っ張ってしまう問題があります。しかしこの雲台は、パンハンドルを外してティルトハンドルとくっつけることができるので、ご覧のように余計な出っ張りが出ることはありません。

velbon-geo-carmagne-e445m11

velbon-geo-carmagne-e445m12

専用ケース付き

velbon-geo-carmagne-e445m13

肩掛け用のストラップだけでなく、上部に取っ手がついたケースが付属しています。高級感は皆無ですが、頑丈にできています。全ての付属品が難なく格納できます。ポケットの類はありません。

強いて要望を挙げるなら、内側にポケットを付けて欲しいですね。エンドフックやストーンバックを別途収納できた方が、収納や取り出し時に便が良いので。

おわりに

いかがでしょうか。このレベルの雲台付きカーボン三脚が、税抜2万円未満で購入できたのはラッキーとしか言いようがありません。

家電もそうですが、型落ちの処分セール品はネットよりも大型家電量販店の方が、早く値段が下がる傾向にあります。店頭に抱えられる在庫の量を考慮すると、新商品が出れば旧型は在庫を減らすように動きますので、型落ちを狙う際は足繁く通うことをおすすめします。

実際にこの三脚を使って撮影した写真等については、また改めて投稿させていただきます。

以上、カーボン三脚 Geo Carmagne E445M の新品を格安で購入した話でした。

Name :
気力・体力勝負なシステム業界のエンジニアを経て、個人事業主として独立。Web サイト運営、動画制作など活動の場を広げています。目指すところへの道のりは険しいですが、自分が自分らしくあるために、一歩ずつ進んでいきます!

このブログでは、困ってたどり着いた人に、分かりやすく答えを提供できるように心掛けています。更新情報は、Twitter や Facebook ページを参照ください。よろしければフォローお待ちしています。

Facebook ページ NJ-CLUCKER
このブログが役に立ったら
「いいね!」お願いします
PAGE TOP ↑