Canon EOS 70D 動画に赤い点(ホットピクセル)が現れたので対応した話

2016/05/04

Canon EOS 80D が発売されたので、型落ちとなった EOS 70D を中古で購入しました。背面の液晶モニタがバリアングルとなっているので、様々な角度から撮影できるのがとても便利です。また AI サーボオートフォーカスが搭載されており、動画撮影時も自動的にフォーカスを合わせてくれるため、一眼レフでありながらも様々な用途で使えるカメラとなっています。

先日、とあるイベントへ出向いた際に、動画撮影の機能を使ってみたのです。家に帰って動画を編集しよう映像を確認すると、画面の一部に赤い点が映っていることに気づきました。何本か撮影したのですが、全ての動画の同じ位置に赤い点が確認されました。いわゆるホットピクセルと言うやつです。

canon-eos-70d-hot-pixcel01

明るいところで撮影した映像は、あまり気にならないのですが、黒い場所を撮影するとどうしても目立ってしまいます。中古品なので正規のサポートは切れているため、修理に出すにはお金が掛かってしまいます。何か対応する方法は無いかと調べてみると、ピクセルマッピングを行うことで直るケースがあるとのことでした。

結論を言うと、後述で紹介する方法で直りました。まずはお金を掛けずに対応できる方法としてやってみる価値はありますのでお試しください。

Canon EOS の一眼レフカメラのホットピクセルを修正する方法

手順としては撮像素子の清掃モード、つまりセンサークリーニングの手動モードを起動するだけです。本来はイメージセンサーを清掃する機能なのですが、何故かホットピクセルが解消する報告がネット上で散見されます。

論より証拠と言うことで、実際にやってみましょう。

手順1:下準備

レンズは付けたままでも外しても構いません。シャッターを上げる状態をとるので、レンズキャップまたはボディーキャップは付けるようにしてください。(本来の清掃機能を利用する場合は、レンズもキャップも外した状態で行います。

canon-eos-70d-hot-pixcel02

僕の場合、レンズを外してレンズキャップ付けた状態で行いました。

手順2:手動センサークリーニング

カメラの電源を入れ、メニューから「センサークリーニング」を選択します。画像は EOS 70D ですが、Canon の一眼レフカメラであれば同様にメニューが用意されています。古い機種だと「撮像素子の清掃」と表示されている場合もあります。

canon-eos-70d-hot-pixcel03

センサークリーニングのメニューから「手作業でクリーニング」を選択します。

canon-eos-70d-hot-pixcel04

確認画面が表示されミラーアップされる旨が記載されています。確認し OK を選択します。バッテリーの残量が無いとここでエラーとなるので、ある程度バッテリーの残量がある状態で行ってください。

canon-eos-70d-hot-pixcel05

手順3:30秒放置し電源 OFF

手順2で OK を選択するとシャッター音が鳴り、ミラーアップされた状態となります。あとはこのまま何もせず30秒放置するだけです。時間が経ったら、そのまま電源を切ってください。

これで作業は終了です。あとはレンズを付け、改めて撮影をして確認してください。

僕の場合は、部屋を真っ暗にして動画撮影を行ってみました。すると、画面に映っていた赤い点が完全に消えていました。どうやら無事ホットピクセルが直ってしまったようです。

紹介した方法ですが、キヤノンに直接問い合わせても回答が得られるものではないようです。公式にアナウンスされた方法ではないので、もしかすると隠し機能なのかもしれませんね。実際に修理に出すと相応の費用が掛かるので、無事に直ってよかったです。

以上、Canon EOS 70D でホットピクセルを直す方法の紹介でした。

Name :
気力・体力勝負なシステム業界のエンジニアを経て、個人事業主として独立。Web サイト運営、動画制作など活動の場を広げています。目指すところへの道のりは険しいですが、自分が自分らしくあるために、一歩ずつ進んでいきます!

このブログでは、困ってたどり着いた人に、分かりやすく答えを提供できるように心掛けています。更新情報は、Twitter や Facebook ページを参照ください。よろしければフォローお待ちしています。

Facebook ページ NJ-CLUCKER
このブログが役に立ったら
「いいね!」お願いします
PAGE TOP ↑