デジカメ用 SD カードの選び方から、おすすめ SD カードの紹介まで!転送速度は速いほうが良い!

2016/08/29

せっかく良いデジタルカメラを使っているであれば、SD カードも高性能なものを使いたいですよね。

一概に SD カードと言っても、同じ容量なのに値段が安いものから高額なものまで様々あります。この価格が異なる一番の理由は SD カードの性能に拠るものです。

例えば SD カードの読み込み速度や書き込み速度が遅いものは、それだけ値段も安くなります。しかし速度が遅い SD カードを使うと次のようなデメリットがあります。

  • カメラの連写性能を有効活用できない
  • デジカメからパソコンへの移動に時間が掛かる

特に昨今のコンパクトデジカメや一眼レフ、ミラーレス一眼のカメラは、動画も綺麗に撮影できる機種が増えてきました。せっかく高画質で撮影できるカメラを持っているのに、SD カードが能力不足だと、動画を撮影してもカクカクした映像になってしまうことがあります。

そこで用途に応じて適切な SD カードを選べるよう、いくつかおすすめの SD カードを紹介していきます。

その前に、SD カードの種類や性能について簡単に説明しておきましょう。

SD カードの種類

携帯電話やスマートフォンで使われる miniSD や microSD といった大きさが違う話は割愛しますが、昔から今に至るまで、SD カードの規格は次のように進化を遂げてきました。

規格ロゴ特徴
SDsd-logo最大容量 2GB まで。FAT 12 or 16 に対応。
SDHCsdhc-logo最大容量 32GB まで。FAT32 に対応。
SDXCsdxc-logo最大容量 2TB まで。exFAT に対応。

性能が高い順に SDXC > SDHC > SD となります。

2010年以降に発売されたデジカメは、ほぼ SDXC に対応していると考えて良いです。動画撮影をするならば SDXC でないと長時間撮影できないので、お気をつけください。

SD カードの転送速度の種類

SD カードの規格に応じて最大容量が異なる点は理解いただけたかと思いますが、転送する速度に関しては スピードクラスと呼ばれる定義が存在します。これは最低限の転送速度を保証するものです。

スピードクラスによる転送速度の違い

クラスロゴ最低保証レート最大転送速度
Class 2speed-class-2-logo2MB/秒25MB/秒
Class 4speed-class-4-logo4MB/秒25MB/秒
Class 6speed-class-6-logo6MB/秒25MB/秒
Class 10speed-class-10-logo10MB/秒25MB/秒

※ ロゴは左横に Class と書かれている場合もあります。

最低保証レートの値が大きい方が、転送速度が速い SD カードになります。理論上の最大速度は 25MB/秒 となります。この値はスピードクラスに依存しませんが、あくまで理論値なので最低保証レート相応と考えるのが無難です。

このクラス値に関して理解していない人が多く、格安な SD カードを買ってしまい後悔してしまう原因の1つとなっています。例えば家電量販店で、ワゴンセールで売られているような激安 SD カードがありますが、大半が Class 10 に満たないものばかりです。

デジカメ用に使うのであれば、安物 SD カードは買わないようにしましょう。

新規格 UHS について

SD カードには上記スピードクラスとは別に、新しい高速転送の規格である「UHS」(Ultra High Speed)が併記されていることがあります。

UHS には UHS-IUHS-II の2種類が定義されており、これは最大転送速度を表しています。

UHS-IUHS-II
最大転送速度104MB/秒312MB/秒

2016年現在、SD カードの定番は UHS-I です。

更には UHS クラス(ウルトラハイスピードクラス)と呼ばれる最低保証レートも定義されており、実際に SD カード上には、ご覧の様にロゴと共に各種マークが載せられています。

recommended-sd-card-for-digital-camera02

前述のスピードクラスと UHS クラスが併記されているのは、機器が UHS に対応していない場合は、スピードクラス側の規格で読み書きが行われるためです。

UHS クラスによる転送速度の違い

UHS クラスはスピードクラスの上位クラスとなり、“1” もしくは “3” の2つが定義されています。最低保証レート、最大転送速度は次の通りです。

クラスロゴ最低保証レート最大転送速度
UHS-IUHS-II
1uhs-class-1-logo10MB/秒104MB/秒312MB/秒
3uhs-class-3-logo30MB/秒104MB/秒312MB/秒

なお、UHS-I の記載があっても、UHS クラスが明記されていない SD カードもあります。この場合は UHS クラス1の扱いとなるので、覚えておいてください。

前段が長くなりましたが、以上の性能に関する予備知識をふまえ、おすすめの SD カードを紹介していきます。

デジカメに最適な おすすめ SD カード

コンパクトデジカメやデジタル一眼レフカメラ、ミラーレス一眼レフで利用する場合、フルハイビジョン(Full HD)での動画撮影や、高速連写で撮影するのであれば、UHS-I に対応して、かつ高速な SD カードが必要になります。また 4K 動画を撮影するなら、更に高速な UHS クラス3の速度が求められます。

下位の性能である SD カードを使っても撮影することはできます。ただ、カメラが持つ性能を活かせなくなることがあるので、出来れば性能重視で選択していただきたいです。

デジカメで撮影したデータは、パソコン等に移すのが一般的なので、転送速度が遅いと移動するのも時間が掛かるため注意が必要です。

以下、紹介する SD カードは、スピードクラスが全て Class 10 となりますので、仕様表記から割愛する旨ご了承ください。

万人におすすめできる SD カード
通常撮影から フル HD 撮影まで対応

  • UHS-I
  • UHS クラス … 1
  • 最大転送速度 ………… 90 MB/秒
  • コンパクトデジカメ … ◎
  • デジタル一眼レフ …… ◎
  • ミラーレス一眼レフ … ◎
  • Full HD 動画撮影 …… ○
  • 4K 動画撮影 ………… X

32GB の容量で 2,000円を切ります。安くて性能が良い、コストパフォーマンスに最も優れた SD カードです。何を買ったら良いか迷ったら、とりあえず買っておきたい一枚です。

僕のメインカメラは一眼レフの Canon EOS 70D ですが、前はこの SD カードを2枚持ち歩いて使っていました。32GB だと Raw 画撮影するのに少し容量が足りなく、破損のことも考え 64GB ではなく 32GB の2枚持ちでした。

2泊3日ほどの旅行であれば、たくさん写真を撮っても 32GB あれば十分です。動画撮影したら 32GB では足りません。複数枚持つかは個人の好みですが、デジタル一眼やミラーレス一眼で Raw 撮影するのであれば、64GB あると安心です。

EOS 70D はフルハイビジョンで動画撮影できます。動画に関しては特に問題はありません。また、最大で秒速 7.0 コマの連写が可能ですが、5, 6 枚撮影するのであれば問題ないと感じる程度です。

仕様上は最大転送速度 90 MB/秒 となっていますが、実際に速度を測ってみたところ次のような数値が得られました。参考にしてみてください。

recommended-sd-card-reader04

  • 読み込み速度 : 94.15 MB/秒
  • 書き込み速度 : 41.65 MB/秒

4K 動画は撮影できなくもないのですが、この SD カードではパワー不足です。もう少し書き込み速度が必要になります。また Full HD 動画も、1080p 30 コマであれば性能は満たしているのですが、 1080p 60 コマとなると、4K 同様に能力不足となります。

最後に1点、注意して欲しいことがあります。この SD カード、規格が SDHC なのです。最上位である SDXC との大きな違いは、1ファイルの最大サイズが 4GB までと決められている点です。写真撮影は問題ありませんが、フル HD で動画撮影をする場合、1080p 30 コマで撮影しても、最大で15分程度しか連続撮影ができません。

そもそも動画撮影を考慮するのであれば、32GB だと容量的にも心細いので、最初から 64GB の SDXC 規格の SD カードを選びたいところですね。

性能重視で価格とのバランスが良い
動画撮影や連写も安心の書き込み速度

  • UHS-I
  • UHS クラス … 3
  • 最大読込速度 ………… 90 MB/秒
  • 最大書込速度 ………… 80 MB/秒
  • コンパクトデジカメ … ◎
  • デジタル一眼レフ …… ◎
  • ミラーレス一眼レフ … ◎
  • Full HD 動画撮影 …… ◎
  • 4K 動画撮影 ………… ◎

僕のメインで使用している SD カードです。既に持っている Transcend の 32GB は予備に回し、基本的にはこの1枚で撮影しています。性能・価格、どれを取っても僕の評価値が最も高い SD カードです。

64GB の容量で UHS クラス3であるにも関わらず、実売価格は 5,000円を割っています。Transcend との一番の違いは書き込み速度です。

最大書込速度が 80MB/秒!

メーカー指標値なので若干速度は落ちますが、それでも実測値で 75MB/秒 は出してくれるので、4K 動画撮影や写真の連写撮影においても全く問題はありません。

ちなみに一般的な 4K 動画で必要な転送量は 100Mbps と言われています。SD カードの規格で言うならば、UHS-I の UHS クラス3以上となり、同製品は要件を満たしています。当然 Full HD 60 コマの撮影も問題ありません。

ちなみに同製品は 32GB 版もあるのですが、Transcend と同様に規格が SDXC ではなく SDHC となるので、この点もご注意ください。

4K の場合、Full HD よりも同じ時間撮影してもファイルサイズが3~4倍に膨れ上がります。つまり規格上 SDHC では短時間しか撮影できないので、SDXC を選択しておきたいですね。

ちょっとだけ背伸びをして、良い物を買いたいと考えている方におすすめです。

とにかく性能にこだわりたい人向け
Samsung が誇る UHS-I 最強の SD カード

  • UHS-I
  • UHS クラス … 3
  • 最大読込速度 ………… 95 MB/秒
  • 最大書込速度 ………… 90 MB/秒
  • コンパクトデジカメ … ◎
  • デジタル一眼レフ …… ◎
  • ミラーレス一眼レフ … ◎
  • Full HD 動画撮影 …… ◎
  • 4K 動画撮影 ………… ◎

先ほどの Samsung PRO の上位製品である PRO+ シリーズの SD カードです。読込速度、書込速度が更に向上した製品となっています。市販の製品の中では、UHS-I で最も能力の限界値まで引き上げられた SD カードと言っても良いでしょう。

読込速度が +5MB/秒、書込速度が +10MB/秒 と性能としては微増ですが、価格はそこそこ跳ね上がります。

性能に関しては言うことはありません。速度も期待通りの結果を出してくれます。コストパフォーマンスの面は良いと言い難いですが、価格面がネックにならなければ、選んで損はしない SD カードです。

本当は僕も PRO よりも PRO+ が欲しいのです。でも SD カードは時が経つに連れ、確実に進化を遂げるアイテムの1つなので、無理をせずに、売れ筋の価格が落ちてきたものを買い換え続けるのが、一番賢い方法ではないかと思っています。

東芝や SanDisk の SD カードはどうなのか?

SD カードの定番とも言われている東芝や SanDisk の製品ですが、残念ながらおすすめできる良い製品がありません。

東芝の SD カードは、売れ筋の製品は性能が低く、転送速度は Transcend の半分しかないのに値段は同じくらいなのです。また高性能なものは、Samsung と同等であっても値段は倍近くするので、コストパフォーマンスは最悪です。

また SanDisk も総じて価格が高いです。価格面でちょうど良い物を選んでしまうと、転送速度が遅くて頭を抱えることになるでしょう。更に、並行輸入品が安く売られていますが、品質の面でマイナス評価を受けることが多く、初期不良の報告事例も多い印象があります。

あくまでも個人的な見解なので、僕の方から2社の SD カードをお薦めできない点についてはご理解いただければと思います。

ただ、紹介した Transcend や Samsung も初期不良が皆無ではないので、SD カードを購入する際はハズレを引いて返品・交換の可能性があることも念頭に置いといてください。

プロ用フラッグシップ機向け
UHS-II は転送速度が爆速

  • UHS-II
  • UHS クラス … 3
  • 最大読込速度 ………… 285 MB/秒
  • 最大書込速度 ………… 180 MB/秒

単純に性能の良さだけを求めるのであれば、更に転送速度が向上した UHS-II の SD カードも存在します。ただこれは一般ユーザー向けではなく、プロ用と考えてもらった方が良いです。

「おすすめ」と言うより、こんな高性能な SD カードもあるよ!くらいの気持ちで掲載していますので、そのように捉えていただければと思います。

ここまで速くなると、評価するのも難しいです。書込みに関しては、カメラが UHS-II に対応していないと、最大限に能力を発揮することができません。現状、対応しているカメラはほとんどなく、今後対応するであろう機種も、カメラ本体だけで50万円近くするような、高性能を通り越したプロ用機材になると思われます。

しかし、中にはカメラが UHS-II に対応していなくても、パソコンへの転送速度が速いのを好んで使っている人もいます。撮影頻度が多い人にとっては、データの移動は短いに越したことはないですからね。

あとプロ用と書きましたが、実際にプロの方は Transcend よりも SanDisk の高額な SD カードを使っていることが多いようです。

まとめ

数多くある SD カードの中から、僕なりに厳選して紹介させていただきました。簡単にまとめると次の通りです。

写真撮影が目的で動画は撮らない場合

  • 容量は 32GB 以上
  • UHS-I UHS クラス1で良い
  • SDHC の規格でも問題ない

写真も動画(Full HD)も撮るの場合

  • 容量は 64GB 以上が望ましい
  • 30 コマ動画撮影までは UHS-I UHS クラス1で良い
  • 15分以上撮影するなら SDHC ではなく SDXC を選ぶ

4K 動画撮影が目的の場合

  • 容量は 64GB 以上
  • UHS-I UHS クラス3が必要
  • SDXC の規格を選ぶこと

SD カード製品比較用リスト

では最後に、今回紹介した SD カードの一覧を掲載しておきます。数値的に比較できるので自分に適した SD カードをぜひお選びください。

製品名リンクUHSUHS
Class
最大読込最大書込
★迷ったらこれ★
Transcend 600x
32GB
UHS-I190MB/S
(書込は上記以下)
Transcend 600x
64GB
★おすすめ★
Samsung PRO
64GB
UHS-I390 MB/S80 MB/S
Samsung PRO
32GB
Samsung PRO+
64GB
UHS-I395 MB/S90 MB/S
Transcend
UHS-II U3 64GB
UHS-I3285 MB/S180 MB/S

SD カードは、目的に合ったものを正しく選んであげることが大切です。性能が良すぎるものを選ぶ分には問題ありませんが、安価で能力が低い SD カードを選んでしまうと、後悔することになります。

今回紹介した SD カードは、数こそ少ないものの、僕なりに経験を踏まえて厳選しているので、どれを選んでも満足できる製品だと思っています。

SD カードは何年か経ったら、また買い替えが必要になる消耗品です。個人的には、購入時に最もコストパフォーマンスが高いものを選び、数年経ったら買い換えるサイクルを繰り返すのが、最も賢いやり方だと考えています。

本当なら、他にどんな製品が売れ筋なのか、Amazon と楽天のランキングを載せたいところなのですが、皆さんは値段で選ぶ傾向が強いようで、利点よりも欠点が目立ってしまう製品ばかりがランクインしていました。

おすすめするにも程遠いくらい酷いランキングであるのは、おそらく何を選んだら良いか選び方が分からない人が多いからではないかと感じました。

もし SD カード選びで悩んで僕のサイトにたどり着き、目的に合った SD カードが見つかってくれれば幸いです。他に悩んでいる友人や家族がいたら、是非教えてあげてください。

以上、デジタルカメラに適した SD カードの選び方、そして、おすすめ SD カードの紹介でした。

Name :
気力・体力勝負なシステム業界のエンジニアを経て、個人事業主として独立。Web サイト運営、動画制作など活動の場を広げています。目指すところへの道のりは険しいですが、自分が自分らしくあるために、一歩ずつ進んでいきます。

このブログでは、困ってたどり着いた人に、分かりやすく答えを提供できるように心掛けています。更新情報は、Twitter や Facebook ページを参照ください。よろしければフォローお待ちしています。

プロフィール詳細 Twitter @_NJ69_
Facebook ページ NJ-CLUCKER シェア
このブログが役に立ったら
「いいね!」お願いします
PAGE TOP ↑