伊勢神宮の参拝だけでなく観光として伊勢を楽しもう

2015/12/07

江戸時代には「一生に一度はお伊勢さん」と言われるほど、お伊勢参りが庶民の間で流行りましたが、現世においても伊勢神宮は古き伝統と歴史を持つ特別な場所であります。住んでいる場所によっては伊勢まで出向くのは大変ですが、一度は行ってみたい場所として、今でも人気があることには間違いありません。

昨今のパワースポットブームもあり、若い世代においても伊勢神宮が人気スポットとして注目を浴びています。せっかく伊勢間で足を運ぶのであれば、正しい知識を持って参拝したいですよね。

今回は伊勢神宮における基本的な参拝方法について紹介します。初めてお伊勢参りをする方や、伊勢神宮へ参拝したことはあっても、改めて参拝方法を知りたい方は、ぜひ一読いただきたいです。

伊勢神宮の歴史

日本民族の総氏神とされている天照大御神(あまてらすのおおみかみ)が祀られている内宮こと皇大神宮、そして衣食住の恵みを与えてくださる産業の守護神である豊受大御神(とようけのおおみかみ)が祀られている外宮こと豊受大神宮。

参拝する前に、伊勢神宮ではどのような神様が祀られ、どのような遍歴を経て伊勢の地へ降り立ったか知っておきましょう。

お伊勢参りをする前に伊勢神宮の歴史を知ろう
伊勢神宮はなぜ伊勢にあるのか?どうして外宮(げくう)と内宮(ないくう)の二つの正宮(しょうぐう)があるのか?三重県伊勢市に位置する伊勢神宮は正式名称は...

伊勢神宮の参拝

外宮先拝(げくうせんぱい)、外宮先祭(げくうせんさい)と言われ、優先順位として外宮が先に扱われることを表します。つまり、神宮の参拝は外宮から内宮の順で行うと良いとされています。また祭事においても外宮から先に行われます。

ただし、20年に一度の式年遷宮においては、朝廷と徳川家康(江戸幕府)の意向により、内宮から行われるのが慣例となっています。

両宮の移動は、車もしくはバスで 15分から20分ほどです。豊受大神宮は最寄り駅である伊勢市駅(JR、近鉄)から徒歩5分です。内宮へ直接行く際は、近鉄の五十鈴川駅から30分ほど歩けば着く距離ですが、お伊勢参りのルートとしてはあまり使われません。

外宮、内宮の順で参拝するのであれば、伊勢市駅を利用するのがオススメです。

参拝の時間は余裕をもって行動しよう

外宮は1時間ほどあれば参拝できます。内宮の参拝は、余裕を持って2時間ほど見ておけば良いでしょう。正宮のみの参拝であれば、この半分以下の時間で回れます。

なお、両正宮、別宮の参拝時間は朝早くから拝観できますが、暗くなる前に終わってしまうので、昼過ぎから参拝される方は時間配分にご注意ください。

伊勢神宮 参拝時間

期間時間
1月、2月、3月、4月、9月5:00 ~ 18:00
5月、6月、7月、8月5:00 ~ 19:00
10月、11月、12月5:00 ~ 17:00

平日、休日関係なく人出は多いので、外宮・内宮とそれぞれ参拝するのであれば、午前中のうちに外宮の参拝を済ませておきましょう。特にお正月は、8時を過ぎたら内宮も混雑するので、早めの行動を心掛けると良いです。

伊勢神宮参拝後は伊勢の町を楽しもう

お伊勢参りをしたらそれで伊勢は終了!では勿体ないです。宇治橋のすぐ横にある「おはらい町通り」は、800m におよび土産物店、飲食店などの商店が建ち並んでいます。建物が切妻・入母屋・妻入の木造建築で統一されており、景観を楽しむこともできます。

お土産は “おはらい町通り” と “おかげ横丁” で

内宮の参拝後は、多くの観光客が “おはらい町通り” 沿いにある「おかげ横丁」へ立ち寄っています。目の前には「赤福」の本店もあり、お店の中で赤福餅を食べることもできます。

visit-to-ise-jingu-and-enjoy-ise01

席によっては五十鈴川を眺めながら、ゆったりとした時間を過ごすことができます。番茶が付いて、赤福餅三個で 290円(税込)です。通常は朝 5:00 ~ 17:00 まで営業しています。午後になると、おはらい町全域に渡り混雑するので、店内で食べる場合は早めに行った方が良いです。

visit-to-ise-jingu-and-enjoy-ise02

おはらい町の店舗は、ほとんどが17時に閉店します。遅い時間に伊勢へ到着した場合は、お土産屋さんが閉まっていることもありますので、時間配分を考慮し参拝するようにしましょう。

お土産に伊勢うどんを検討される方、各店舗で様々なメーカーのうどんが売られているので悩まれると思います。僕個人の意見ですが、伊勢うどんを買って帰るなら「いとめん」のうどんをおすすめします。麺が柔らか過ぎて嫌いと思っていても、これを食べたら考え方が変わるかもしれませんよ。

いとめんの伊勢うどんが美味しい!お伊勢参りのお土産におすすめ!
伊勢うどんと言えば、麺が太くたまり醤油を掛けて食べる三重県伊勢市のグルメです。お伊勢参りをした人に素早く提供できるようにと大釜で大量に茹でており、お店で提供していると...

おかげ横丁に入るとたくさんのお店が立ち並んでいます。週末はかなりの人が訪れるので、午後になると大変混雑します。

visit-to-ise-jingu-and-enjoy-ise03

週末になると中央にある太鼓やぐらで、神恩太鼓の演奏を観ることができます。基本的には土日と祝日に行われていますが、金曜日に行っていることもあるので、詳しくは神恩太鼓のサイトを確認ください。

visit-to-ise-jingu-and-enjoy-ise04

食事処もたくさんあります。伊勢うどんや地酒、その他のお土産も “おはらい町” で一通り購入することができます。こんなに多くの店が立ち並ぶのは伊勢では他に見られないので、是非とも立ち寄っておきたいですね。

前述の赤福本店の裏に行くと五十鈴川があり、川沿いを歩くことができます。おはらい町通りと一変してのどかな風景が広がります。

visit-to-ise-jingu-and-enjoy-ise05

猿田彦(さるたひこ)神社へ参拝するのであれば、そのままおはらい町通りを伊勢神宮と反対側の方向へ歩いて行くとたどり着きます。境内には芸能と縁結びの神様である天宇受売命(あめのうずめのみこと)が祀られる佐瑠女(さるめひこ)神社もあります。芸能人も数多く訪れているようですね。

最後に、外宮・内宮の参拝、そしておかげ横丁をぷらぷら歩いていると、あっと言う間に一日が終わってしまいます。しかしその分たくさん歩きますので、歩きやすい靴で行くようにしましょう。そしてせっかく伊勢まで出向くのですから、事前に行動計画をおおまかに立てておくと丸一日満喫できると思います。

それでは伊勢の旅路を楽しんでください。

Name :
気力・体力勝負なシステム業界のエンジニアを経て、個人事業主として独立。Web サイト運営、動画制作など活動の場を広げています。目指すところへの道のりは険しいですが、自分が自分らしくあるために、一歩ずつ進んでいきます!

このブログでは、困ってたどり着いた人に、分かりやすく答えを提供できるように心掛けています。更新情報は、Twitter や Facebook ページを参照ください。よろしければフォローお待ちしています。

Facebook ページ NJ-CLUCKER
このブログが役に立ったら
「いいね!」お願いします
PAGE TOP ↑