青色専従者の源泉徴収(納期の特例)を e-Tax で納付する手順を忘れないようにまとめておく

公開日:
青色専従者の源泉徴収(納期特例)を e-Tax で納付する手順を忘れないようにまとめておく

半年に1度やってくる、青色専従者の源泉徴収した所得税納付。納期の特例の承認に関する申請書を提出しているため、毎年6月末と12月末に半年分をまとめて納付しています。

源泉徴収した期間所得税納付期限
1月 ~ 6月7/10 まで
7月 ~ 12月翌年 1/20 まで

頻繁に実施するものではないので、手続きをするたびにいつも手順を忘れてしまいます。そこで自分への備忘録も兼ねて、源泉徴収した所得税を e-Tax 経由で申請して、税金を納めるまでの手順をまとめておきます。

これで次回から、迷わず行えるはず!

青色専従者の源泉徴収を e-Tax で納付する手順

ここで紹介するのは e-Tax WEB 版による手順です。初めて e-Tax を利用する場合は、事前準備が必要です。まずは公式サイトに従って、環境を整備してください。

事前準備は上記ページに記載の通りなので、ここでの説明は割愛します。準備が完了し、e-Tax が利用できる状況であるのを前提に、話を進めていきます。

e-Tax WEB版にログインする

e-Tax のサイトへアクセスして、マイナンバーもしくは利用者識別番号にてログインを実施。

e-Tax WEB 版にアクセスしてログイン

僕は SONY の IC リーダーを使っているので、マイナンバーカードでログインしています。マイナポータル含め、パソコンからアクセスする頻度が高いので、スマホ経由でログインするよりも手軽で簡単です。

マイナンバーもしくは利用者識別番号でログイン

所得税徴収高計算書を作成する

メインメニューから [申告・申請・納税] へ進みます。

メニュー [申告・申請・納税] を選択

申告・申請データを新規作成します。

申告・申請データの新規作成の [操作に進む]

半年分まとめて申請するため、ここでは給与所得・退職所得等の所得税徴収高計算書(納期特例分)の作成へ進みます。

[給与所得・退職所得等の所得税徴収高計算書(納期特例分)] のメニューを選択

選択するのは(一般)ではなく(納期特例分)の作成です。なお、事前に納期の特例の承認に関する申請書を提出していないと、半年分をまとめて申請できません。

提出先の税務署は、登録済みの所轄税務署が選択されています。変更なければそのまま進みます。

提出先の税務署を確認して進む

源泉徴収した納期の期間(1~6月もしくは7月~12月、期の途中から源泉徴収している場合は、その月から)を入力し、源泉徴収を行った対象を選択。

僕の場合、給与ならびに賞与を支給しているので、それぞれ選択します。

源泉徴収の納期の期間を入力して対象を選択

支払年月日の期間、人数、支給額、源泉徴収した税額を入力。合計額は自動的に計算されます。

給与の支払年月日は、期間中の最初に支払った日から最後に支払った日が対象です。賞与も同じです。ただし半年間で1回限りの支給であれば、支払年月日の from to には同じ日付を入力します。

支払年月日の期間、人数、支給額、源泉徴収した税額を入力

人数は延べ人数です。つまり1人に対して給与を6回支払っていれば、6人とカウントします。(人数 = 支払人数 × 支払回数)

もし会計ソフトを使っているなら、サービスによって所得税徴収高計算書の出力機能があります。そちらのデータを参照できれば、間違えずに入力できます。

ちなみに僕は マネーフォワードクラウド確定申告 を使っているので、青色専従者給与は「クラウド給与」で管理しています。そしてクラウド給与の [帳票一覧] から [所得税徴収高計算書(納特)] を選択すれば、このように提出書類がそのままデータ出力されます。

マネーフォワードクラウド給与から出力した所得税徴収高計算書(納特)

あとはこの内容を丸ごとコピーするだけ。(追加料金なく使えるサービスで、本当に便利)

最後に入力した内容を確認。ここでは、納税額が事前に徴収した額と差異がないかチェックします。

所得税徴収高計算書の入力データを確認

所得税徴収高計算書を送信する

作成したデータに問題がなければ、そのまま送信処理へ移ります。

所得税徴収高計算書を送信する

[送信] ボタンを押すだけで、一瞬で終わります。

このままの流れで、源泉徴収した所得税を納付します。画面下の [受信通知の確認] を選択。

所得税徴収高計算書の送信完了

遷移先の受信通知には、送信データが正しく受け付けられた旨の情報が表示されます。

受信通知の確認画面

もし間違って画面を閉じてしまっても、再び最初のメニューに戻って [送信結果・お知らせ] から選択すれば、この受信通知の確認画面を閲覧できます。

源泉徴収した所得税を納付する

では源泉所得税を納付しましょう。税金の納付もオンラインで行います。

受信通知の画面をスクロールすると、インターネットバンキングによる電子納税とクレジットカード納付のボタンがあります。ここから手続きすれば、ネット経由で簡単に納付できます。

ここではインターネットバンキング経由での例で解説します。(クレジット決済は手数料が高いので要注意)

源泉所得税の納付方法を選択

インターネットバンキングを利用するには、事前に金融機関への申請して、ログイン用のアカウントを作成する必要があります。

e-GOV 電子納付のサイトに遷移します。対象の金融機関を選択し、ネットバンキングが [◎ 利用可] になっていれば、そこから対象の金融機関へアクセスできます。

e-GOV 電子納付のサイトで金融機関を選択

[◎ 利用可] であれば選択

あとはそれぞれの金融期間に応じて、支払い手続きを行います。金額を指定する必要もなく、インターネットバンキングにログインして決済処理を行うだけなので、手順はとても簡単です。

このように受付が完了すれば、税金が引き落とされます。下記の画像は、ゆうちょ銀行で手続きをした例です。

ネットバンキングで納付した結果

ここで [終了] ボタンを押すと、再び受信通知に戻ります。きちんと納付手続きされた旨、メッセージが表示されます。

税金納付完了のお知らせ

これで青色専従者の源泉徴収した所得税の納付手続きは完了です。

ネットバンキング以外の納付方法

税金の納付方法は、他にも e-Tax と口座情報を紐づけて支払いを行う「ダイレクト納付」や、コンビニでの納付、また金融機関や税務署での窓口納付で対応しています。

しかしオンライン決済を行わない場合は、納付書を用意する必要があります。税務署で入手する方法や、自ら用紙を印刷して記入した上で支払うなど手間が掛かります。

詳しくは、国税庁のサイトを参照ください。

クレジット決済による手数料

前述の通り、クレジット決済をすると納付税額に応じて手数料が掛かります。

納付税額決済手数料(税込)
1円 ~ 10,000円83円
10,001円 ~ 20,000円167円
20,001円 ~ 30,000円250円
30,001円 ~ 40,000円334円
40,001円 ~ 50,000円418円

しかも決済手数料に上限はなく、納付税額に比例して増えていきます。安易にクレジットで支払うと損をするのでご注意を。

この記事をシェアする

このブログの運営者

NJ

元システムエンジニア。個人事業主として独立して Web サイト運営、ポップデザインや動画制作など、パソコンでモノづくりしています。

プロフィール詳細

おすすめページ