Windows10 でフォルダ表示の設定を他のフォルダに適用させる方法

更新日: 公開日:2015/05/05

Windows のフォルダ表示は、初期設定ではアイコンのみ表示されています。そして表示変更を行うことで、ファイル作成日や更新日の情報を表示させることができます。僕はテキストファイルや Word、Excel 等のファイルを開く時に、更新日付を目安にする機会が多いため、表示設定を「詳細」に切り替えています。

エクスプローラー表示設定 [詳細]

これ以外のフォルダも同じように詳細表示にしたいのですが、1つ1つ表示設定を切り替えるのは非常に面倒です。そこで全てのフォルダを同じように表示させるために、一括で設定する方法を紹介します。

フォルダ表示設定を一括変更する方法

まず前提として、一括で設定できる範囲は全てのフォルダーではなく、フォルダーの種類毎になります。フォルダーの種類については後半に説明します。

フォルダオプションから一括適用

エクスプローラーの上部にあるメニューの [オプション] アイコンを選択します。

エクスプローラーの [オプション] アイコンを選択

フォルダーオプションが表示されるので [表示] タブに移動。そして [フォルダーに適用] をクリック。

表示タブ選択からフォルダーに適用ボタンを押下

確認メッセージが表示されるので、内容を確認して [OK] を選択します。

この種類のすべてのフォルダーについて現在のフォルダーの表示設定を適用しますか?

フォルダーの種類とは?

Windows のフォルダーの種類は、次の5つに分類されています。

  • 全般
  • ドキュメント
  • ピクチャ
  • ミュージック
  • ビデオ

先程の手順では、この種類別にフォルダー表示が一括で適用されます。

例えばドキュメントのファイルは全て [詳細] 表示にしたいけど、画像フォルダはリスト形式ではなくサムネイルを表示させたいといったケースに対応できる仕様になっています。

フォルダーの種類を確認・変更する方法

フォルダーの種類は、プロパティーから確認できます。プロパティーの開き方は次の通り。

  • フォルダーを右クリックして [プロパティー] を選択
  • フォルダーの上部にある [ホーム] → [プロパティー] で開く

[カスタマイズ] タブを選択すれば、フォルダーの種類が表示されます。

Windowsのドキュメントの種類を確認

大半のフォルダーは [全般] が設定されています。プルダウンになっているので、画面上から変更することもできます。

フォルダー表示の管理用に利用する以外にも、選択したフォルダーの種類に応じて詳細表示される項目も変わります。あまり利用頻度の低い機能ですが、割と便利な機能なのでついでに覚えておくと良いです。

以上、Windows10 でフォルダ表示の設定を他のフォルダに適用させる方法についてでした。

この記事をシェアする

最新の更新情報は、Twitter、Facebook、Freedly にてお届け!

NJ-CLUCKER RSS

このブログの運営者

NJ

元システムエンジニアから、個人事業主として独立。Web サイト運営、動画制作など活動の場を広げています。このブログでは、困ってたどり着いた人に、分かりやすく答えを提供できるように心掛けています。

更新情報は、Twitter や Facebook ページを参照ください。フォローお待ちしています。

Facebook ページ NJ-CLUCKER
このブログが役に立ったら
「いいね!」お願いします