Amazon Echo の購入方法と、おすすめの Alexa 対応製品

Amazon Echo

Amazon が販売するスマートスピーカー「Amazon Echo」は、通常の販売を行っておりません。製品の購入ページを開くと「招待された方のみご購入可能です。」と記載されています。

Amazon Echo を購入するには、招待メールを送ってもらう手続きが必要になります。それでは、具体的にどのような手順で招待メールを手に入れるのか、そして招待メール依頼時に気をつけなくてはいけない点について説明していきましょう。

Amazon Echo の機種は3種類

Amazon Echo の種類

日本国内で販売されているのは、次の3機種になります。

なお本家アメリカでは、通常の機能に加えて液晶画面が付いた Amazon Spot や Amazon Show なる製品が販売されています。Amazon Echo 自体が日本で発売されたばかりなので、これらの製品が日本で入手できるようになるのは数年先になると思われます。

Echo, Echo dot, Echo Plus の違い

製品仕様は次の通りです。

Echo dotEchoEcho Plus
主な特徴コンパクトサイズ高性能スピーカーハブ内蔵
スピーカー0.6インチ2.5インチ:ウーファー
0.6インチ:ツイーター
2.5インチ:ウーファー
0.8インチ:ツイーター
Dolby デュアル
スピーカー
×
Bluetooth 接続
3.5mm ジャック
接続
ストリーミング
音楽再生
スマートホーム
デバイスの制御
内蔵スマートホーム
(ハブ)
××
Wi-Fi802.11 a/b/g/n (2.4 and 5 GHz) デュアルバンド
サイズ32 x 84 x 84 mm148 x 88 x 88 mm235 x 84 x 84 mm
重量163g821g954g
税込み価格5,980円11,980円17,980円

ハブ機能が必要であれば Echo Plus 一択です。Echo と Echo Dot で出来ることは一緒です。ただ Echo Dot はスピーカーの性能が悪いので、音楽を聴く機器としては適していません。

Echo Plus のハブ機能とは?

スマートホームのデバイスを利用する上で、ブリッジと呼ばれる機器と接続する機能のことです。

分かりやすく説明すると、Amazon Echo から操作できるライトがあるとして、そのライトと接続するためにハブが必要になります。Echo や Echo dot にはハブが内蔵されていないため、別にブリッジ機能を持つ機器を購入しなくてはいけません。一方で Echo Plus はハブ機能があるので、そのまま利用することができます。

【ハブ機能なし】Amazon Echo,Echo Dot はブリッジ経由でスマートホームデバイスへ接続【ハブ機能あり】Amazon Echo Plus は直接スマートホームデバイスへ接続

Amazon Echo の購入手順

招待メールを依頼する

まず購入したい製品のページを開きます。

通常は商品を購入するための「カートに入れる」ボタンが、招待メールリクエストのボタンに変わっているので、そちらをクリックするだけです。

Amazon Echo 招待メールのリクエスト

リクエストが完了すると Amazon からメールが届きます。これですぐに購入できるのではなく、別に招待メールが送られてきます。この時、次のような文面のメールが届きます。

Echoの招待リクエストをありがとうございます

○○様
Echoの招待リクエストをありがとうございます。
招待されたお客様には、今後数週間のうちに、ご招待Eメールをお届けします。
ご招待Eメールを受け取られた方は、対象商品をご購入いただけます

招待メールはどれくらいで届くのか?

リクエストしてから招待メールが届くまで、40日ほど掛かりました。

リクエストの依頼状況にも依るので、一概にどれくらい掛かるのかお伝えできませんが、平均して一ヶ月くらいで届いているようです。僕の場合、Amazon で一番出荷が多い時期である12月に依頼したので、他よりも時間が掛かったのだと思われます。

リクエストメールが届く

忘れた頃に届く招待メール。あとはメールの記載内容に従って、製品を購入するだけです。メール本文にもある通り、購入できる有効期限があるので注意しなくてはいけません。

Echoの招待者に選ばれました。

○○様
Amazon Echoの招待者に選ばれました!招待購入の有効期限は、本メールを受信されてから4日間です。

期限はメールを受信した日を含めた4日間です。期限を過ぎてしまうと、改めて招待メールをリクエストしなくてはいけません。そしてメールの文末には、次のような内容も記されています。

複数のEcho製品をリクエストされた場合、現在はお一つのみ招待させていただいております。

つまり Echo と Echo Plus のリクエストを送っても、片方しか招待メールが届かないということです。もし購入したい機種が決まっているのであれば、最初はその製品のみにリクエストを送信するようにしましょう。

Amazon Echo と一緒につかえるおすすめの製品

スマートスピーカーを利用して家電を操作する。いわゆるスマートホームの実現にも Amazon Echo を利用することができます。ただし Amazon Echo 単体では意味がなく、Echo 内のソフトである Alexa(アレクサ)に対応した製品を用意しなくてはいけません。

Amazon Echo でリモコンを操作する

  • Echo に無い赤外線機能が付いたデバイス
  • テレビやエアコン、照明のリモコンを学習
  • Echo に話しかけてリモコンを操作
  • スマホからリモコン操作が可能

Amazon Echo でリモコン操作するための定番アイテムになりつつある、LinkJapan の eRemote です。まだ照明にしか対応していないのですが、テレビやエアコン等の ON / OFF に限り操作が可能です。

機能の拡張は、Amazon Echo 側の今後の対応待ちになるようです。詳しくは Link Japan の公式サイトをご確認ください。

お問い合わせ|Link Japan

現在こちらの商品は人気があるため、一度品切れになってしまうと一ヶ月近く入荷待ちとなってしまいます。Amazon Echo と一緒に購入を予定しているのであれば、先に購入しておくことをおすすめします。

ちなみに僕は、温度センサーが付いていない eRemote mini を購入しました。

Amazon Echo で電球を操作

  • 声で電気の ON / OFF を操作
  • 明るさの調整が可能
  • 色の調整が可能

リモコン操作できる照明であれば、eRemote を使うのが一番使い勝手が良いですが、リモコン操作ができない照明もあります。そんな環境で利用できるのが Philips の Hue です。

ただしこのデバイスを利用するには Amazon Echo のハブの機能が必要になります。Echo Plus であればそのまま利用できますが、Echo や Echo Dot であれば別途ハブ機能を持つブリッジが必要になります。

ブリッジ自体の値段が高いです。もし Hue の利用を検討しているなら、最初からハブが搭載されている Echo Plus の購入をおすすめします。

最新の更新情報は、Twitter、Facebook、Freedly にてお届け!

NJ-CLUCKER RSS

このブログの運営者

NJ

元システムエンジニアから、個人事業主として独立。Web サイト運営、動画制作など活動の場を広げています。このブログでは、困ってたどり着いた人に、分かりやすく答えを提供できるように心掛けています。

更新情報は、Twitter や Facebook ページを参照ください。フォローお待ちしています。

Facebook ページ NJ-CLUCKER
このブログが役に立ったら
「いいね!」お願いします