Android の開発者向けオプションのメニューを表示する方法

更新日: 公開日:2016/07/21
Android設定

Android にはソフトウェア開発者向けのオプションメニューが存在します。

GPS の位置を擬似的にシミュレーションできるようになる擬似ロケーションの設定や、パソコンに接続してデバックを行える USB デバッグの設定等が行えるメニューです。

Android の古いバージョンでは、 [設定] 項目の1つとして [開発者向けオプション] メニューが表示されていました。しかし一般のユーザーにとっては不要な項目であるため、Android 4.2 以降は非表示項目のメニューに仕様が変更されました。

とは言え、一般ユーザーであっても用途によっては必要なメニュー項目です。そこでこの [開発者向けオプション] のメニューを表示させる方法を解説していきましょう。

開発者向けオプションのメニュー表示方法

隠しコマンドを実行

[設定] を開き、一番下にある「端末情報」を開きます。

view-developer-options01

ここから特別な操作になります。画面の一番下までスクロールして[ビルド番号] を7回タップします。これが開発者向けオプションのメニューを表示するためのコマンドになります。

view-developer-options02

何回かタップしていると、カウントダウンが始まります。

view-developer-options03

完了すると「あなたは今開発者になりました!」と表示されます。カウントダウン時はデベロッパーって書いてあったのに…(笑)

view-developer-options04

これで [開発者向けオプション] メニューが解放されました。

開発者向けオプションのメニューの場所

[設定] → [システム] と辿れば [開発者向けオプション] のメニューがあります。

view-developer-options05

開発者向けオプションでは余計な設定は行わないように

開発者向けオプションには、様々な項目があります。PC バックアップ用のパスワードを設定したり、ログのバッファサイズを変更したり、アニメーションの表示時間を操作したり……。

あくまでも Android のソフトウェア開発者に用意された機能であり、一般ユーザー向けの設定項目ではありません。そのため下手に設定を変えると、スマートフォンが思いがけない動きをしてしまう可能性があります。

このオプション項目を変更する場合は、どのような影響があるのかを把握した上で設定してください。もし興味本位で設定を変えて戻し方が分からなくなったら、開発者向けオプションの一番上にある項目を OFF にしましょう。オプションで設定したものが、これで全て無効化されます。

view-developer-options06

OFF にした時点で設定が初期化されます。再び ON に切り替える場合、設定は最初からやり直しになります。開発者向けオプションは OFF にすれば設定がリセットされる!このことは、ぜひ覚えておいてください。

以上、Android の開発者向けオプションのメニューを表示する方法でした。

この記事をシェアする

最新の更新情報は、Twitter、Facebook、Freedly にてお届け!

NJ-CLUCKER RSS

このブログの運営者

NJ

元システムエンジニアから、個人事業主として独立。Web サイト運営、動画制作など活動の場を広げています。このブログでは、困ってたどり着いた人に、分かりやすく答えを提供できるように心掛けています。

更新情報は、Twitter や Facebook ページを参照ください。フォローお待ちしています。

Facebook ページ NJ-CLUCKER
このブログが役に立ったら
「いいね!」お願いします