Android の内部ストレージ空き容量の警告は無視せず容量確保の対応を!

2016/02/24
Android スマートフォン

Android の空き容量の警告について、以前このような記事を書きました。

Android スマートフォン
Android 内部ストレージ使用率 75% を超えて SD カードへデータ転送を促す通知が来た場合の対応
スマートフォン内に格納されているデータ量は、使えば使うほど増える一方です。そして、内部ストレージの使用率が 75% を超えると、SDカードへデータを転送するよう、次の...

この警告を無視して、内部ストレージの空き容量が無くなるとどうなってしまうのか気になって試してみたところ、75% の警告から更に別の警告が表示されるようになりました。

空き容量が少なくなっています
同期などの一部システム機能が正常に動作しない可能性があります。アプリやメディアコンテンツなどのアイテムを削除するか、アイテムのオフライン利用設定を解除して、空き容量を確保してください。

内部ストレージのデータ状況をご覧ください。合計容量 11.09GB に対して、空き容量はたった 50.50MB です。

warning-about-android-memory-capacity01

容量的には写真を数枚撮っただけで限界に達してしまうほどの空き容量です。このまま使い続けると一体どうなってしまうのでしょう。

空き容量が少ないまま放置するのは危険

追い打ちを掛けるように、写真を撮ったり、スクリーンキャプチャを撮って、更に空き容量が無い極限の状態までもっていきました。最後にアプリを更新しようと Play ストアアプリを立ち上げてしばらくしたところで、Android がフリーズして動かなくなってしまいました。

ついに限界に達してしまったようです。どのボタンを押しても何も反応しません。電池が切れるまでこのままの状態になってしまうのかもしれないと思った矢先、画面がブラックアウト。

強制再起動が掛かりました。

再起動のタイミングで削除されたデータはキャッシュ情報

再起動後、ストレージ容量を確認してみると、2GB ほど空き容量が増えていました。消えた対象のデータはキャッシュ情報です。この情報は、ネットアクセス時に同じデータに何度もアクセスしないよう、自身の端末に自動的に保存され、キャッシュ情報を優先的に参照することで素早く表示できるものです。

キャッシュ情報は消されても改めてアクセスする際に再取得されるので、完全に消されたところで困るデータではありません。基本的には指定された有効期限に従って削除されるのですが、今回のように容量がひっ迫した場合に自動的に削除される機能も保持しています。

もしキャッシュ容量が無かったら?

今回のケースはキャッシュで容量を占めていたため、空き容量が無くなっても問題ありませんでした。しかし、保存されたキャッシュデータが全く無かったら、システム側で自動的に削除できるデータが無いため、他の機能のデータを上書いてしまったり、システムファイルが破損してしまう可能性もあります。

つまり空き容量が無いまま使い続けるのは危険と言うことです。

内部ストレージの空き容量を増やす方法

空き容量不足に悩まされたら、まずは内部ストレージの空き容量を確保することに努めてください。ある程度の容量が確保できれば、再び快適な状態でスマートフォンが使えるようになります。

Android スマートフォン
Android スマホの内部共有ストレージの空き容量を増やす3つの方法
Android は SD カードを利用することで、スマートフォンの容量を増やせるメリットがあります。しかしダウンロードしたアプリの情報は、内部ストレージに保存されるこ...

こちらの記事で紹介している方法は次の3つです。

  1. キャッシュ情報を削除
  2. 内部ストレージのデータを SD カードへ移動
  3. 不要なアプリの削除

空き容量不足の警告は、メッセージの内容の通り容量を確保する以外に対応方法がありません。これら3つの方法は、どれも簡単に行えるので、ぜひお試しください。

最新の更新情報は、Twitter、Facebook、Freedly にてお届け!

NJ-CLUCKER RSS

このブログの運営者

NJ

元システムエンジニアから、個人事業主として独立。Web サイト運営、動画制作など活動の場を広げています。このブログでは、困ってたどり着いた人に、分かりやすく答えを提供できるように心掛けています。

更新情報は、Twitter や Facebook ページを参照ください。フォローお待ちしています。

Facebook ページ NJ-CLUCKER
このブログが役に立ったら
「いいね!」お願いします