Android おすすめマイクロ SD カードの選び方!ポイントは容量と転送速度

更新日: 公開日:2016/02/24
AndroidおすすめmicroSDカード

スマホ内で延々と増え続けるデータの代表格が、写真や映像のメディアデータです。それぞれ合わせると数十ギガバイトのサイズになるケースもあり、スマホの容量を圧迫する要因の1つとなっています。

Android の一番のメリットは、外部ストレージとして microSD カードが利用できる点にあります。つまりデータの保存先を SD カードにしておけば、機種変更しても microSD カードを差し替えれるだけで簡単にデータ移行できてしまうのです。

一概に microSD カードと言っても種類や値段は様々です。僕がおすすめする microSD の選びのポイントは次の通りです。

SD カード選びのポイント

機種変更しても性能不足・容量不足で困らない SD カードを選ぶこと

つまり最初から容量が大きく転送速度が速いものを選ぶのが重要になります。

  • 容量が大きい → 不足するまで買い替えが不要
  • 転送速度が速い → 機種変更しても性能不足になりにくい

ではどういった microSD カードが良いのか、具体的に説明していきましょう。

もし Android 以外の用途でマイクロ SD カードを探している方は、こちらのほうが参考になると思います。用途に応じて必要な性能も記しています。

【用途別】おすすめマイクロ SD カード!容量と転送速度の選び方のポイント【コスパ重視/利用実績あり】
記録媒体としてマイクロSDカードを選ぶ際、何でも良いからと値段で決めてしまうのは良くありません。その主な理由は次の通りです。 microSD カードを値段だけで...

SD カードの種類

一概に SD カードと言っても、規格として大きく3種類に別れます。miniSD や microSD といったサイズ違いの話は割愛しますが、時代を経て性能とともに容量も格段と大きくなりました。

現在の SD カードの規格は次の通りです。

規格ロゴ特徴
SDsd-logo最大容量 2GB まで。FAT 12 or 16 に対応。
SDHCsdhc-logo最大容量 32GB まで。FAT32 に対応。
SDXCsdxc-logo最大容量 2TB まで。exFAT に対応。

下2つの HC や XC は SD カードのロゴの下に記載されているので、お手持ちのカードを確認していただければすぐに分かると思います。もちろん容量が大きい方が新しい規格となります。

こちらは容量に対する規格の話なので、あまり意識せず容量で判断すれば大丈夫です!

SD カードの転送速度の種類

まずは現在利用している SD カードの仕様を把握しておくために、転送速度の種類を理解しておきましょう。スピードクラスと呼ばれ、最低限の転送速度を保証する定義となります。

先に結論を伝えておくと、選ぶなら UHS-I に対応したものが現在の主流であり、性能・価格ともに満足度の高い製品が多くラインナップされています。

Class による転送速度の違い

クラスロゴ最低保証レート最大転送速度
Class 2speed-class-2-logo2MB/秒25MB/秒
Class 4speed-class-4-logo4MB/秒25MB/秒
Class 6speed-class-6-logo6MB/秒25MB/秒
Class 10speed-class-10-logo10MB/秒25MB/秒

数値が大きければ速度が速いと考えてください。理論上の最大速度は 25MB/秒 です。

昨今のマイクロ SD カードは Class 10 が当たり前です。一昔前は 25MB/秒 でも十分な速さでしたが、今では遅い部類に入ります。購入する際は次に紹介する UHS の規格に対応しているかどうかで判断すると良いです。

家電量販店で Class 10 未満の SD カードが大安売りしている場合がありますが、それはただの在庫処分です。古い SD カードは値段以外のメリットが無いので、購入は控えましょう。

現在の主流は新規格の UHS

データの大容量化時代に伴い、Class と異なる新しい高速転送の規格「UHS」(Ultra High Speed)が登場しました。SD カードには、前述の Class と並列表記されています。

UHS には UHS-I から UHS-III の3種類が定義され、Class 同様に数字が大きくなれば最大転送速度も速くなります。

規格最大転送速度
UHS-I104MB/秒
UHS-II312MB/秒
UHS-III624MB/秒

実際に SD カードを見てみましょう。ローマ数字で記載されている箇所が UHS 規格を表しています。これらの数字の記載が無ければ UHS 規格には未対応と判断してください。(つまり転送速度が遅い)

UHS規格の表記

2019年現在 UHS-II や UHS-III も SD カードは、ハイエンドのミラーレス一眼や高画質 4K ビデオ撮影に特化した用途で使われています。スマホ・タブレッでここまの速さは不要であり、未対応機種も多いので、選ぶ時は UHS-I であることを判断基準にすると良いです。

UHS スピードクラスによる転送速度の違い

この UHS にもクラスが定義されています。が、Android 端末で利用する限りは UHS クラスまで意識しなくても大丈夫です。(スマホ自体が対応していません)

クラス値は の中に数字が入ったロゴで表現されています。UHS に対応していて SD カード上に記載されていない場合は UHS クラス1と同じ扱いです。

UHS スピードクラスの記載例

UHS スピードクラスは1もしくは3の2段階しかありません。最低保障レートに合わせて、分かりやすくクラス名が定義されています。

クラス最低保証レート最大転送速度
UHS-IUHS-II
110MB/秒104MB/秒312MB/秒
330MB/秒104MB/秒312MB/秒

売れ筋の SD カードはどれも性能が高く、最低保障レートを遥かに上回る速度で動くので、そこまで重要な項目ではありません。それでも数字が大きいほうが良いのは確かです。

結局どれを選んだら良いのか?

規格や仕様について分かったけど、じゃあどれが良いのか?って話になると、理論上の数値よりも実測値がどれくらいあるかで判断するのが最も分かりやすいです。

いちいち規格毎の理論値なんて覚えてられないので、どれくらいのスピードがあると良いのか、それだけ覚えておくだけで大丈夫です!僕がおすすめする microSD カードの仕様がこちらです。

おすすめする microSD カードの性能
  • データ転送速度 …… 90MB/秒 以上
  • データ容量 …… 64MB 以上

このあと紹介する製品は、基本的にこの性能を満たしています。長年に渡って使えるのは間違いないので、ぜひ参考にしてください。

スマホやタブレットにおすすめの microSD カード

XPERIA と Galaxy

下記おすすめ製品は、2019年10月時点の最新情報に基づいています

マイクロ SD カードの価格の目安

数年前と比べると、性能は大きく向上しつつも、価格はかなり下がってきています。これも大容量化時代の象徴の1つと言えるのかもしれません。

マイクロ SD カードの価格帯
  • 32GB ……… 1,000円前後
  • 64GB ……… 2,000円前後
  • 128GB ……… 3,000円前後

容量はどれくらい必要?

今や SNS に写真を撮るのは当たり前な時代。それに加えて少しずつ動画投稿するユーザーも増えてきました。

日常を動画で撮影する若者世代に限らず、お年寄りも動画を撮る機会が増えています。一番の撮影対象は孫。会う度に動画を撮っていたら、あっという間に容量はパンパンになります。しかも容量不足になっても、勿体なくてなかなか消せない方も多いようです。

つまり必要な容量は、用途によって変わってきます。

用途おすすめの容量
動画・写真撮影の機会が多い128GB 以上
動画は撮らないが写真はよく撮る64GB ~ 128GB
たまに写真を撮る64GB
写真も動画も撮らないSD カード不要かも

ここでは音楽データの容量は意識していません。昨今はサブスクリプション(月額制)による聴き放題プランが主流になっているので、音楽データを持ち歩く機会がほとんど無くなってしまいました。必要あれば、その分の容量を上乗せして考えてください。

以下紹介するものは、全て UTF-I 以上の性能を持つコスパの高い製品ばかりです。格安の SIM フリーの機種から、XPERIA や Galaxy のような高性能な機種に至るまで幅広く使えるので、ぜひ参考にしてください。

万人におすすめできるマイクロ SD カードその1

楽天の値段が安いのは海外リテール品が混ざっている為。メーカー保証が受けられないので購入の際はご注意を。

  • スピードクラス …… Class 10
  • UHS-I
  • UHS クラス … 3(32GB モデルは 1)
  • 最大読込速度 ……… 100 MB/秒(32GB モデルは 95 MB/秒)
  • 最大書込速度 ……… 60 MB/秒(32GB モデルは 20 MB/秒)
  • 保証期間10年

2019年現在、最もコストパフォーマンスが高い microSD カードがこちら。ここ数年は不動の人気を誇る EVO シリーズ最新の製品です。

32GB は安いですが 64GB よりも性能は低いです。64GB モデルは実測値で 書込み速度は 60 MB/秒 と公表通りの数値が出ている点もおすすめできるポイントです。

高性能なら EVO Plus 128GB 以上を選択

Samsung の EVO Plus は、128GB 以上になると最大読込み速度が 60MB/秒 から 90MB/s に性能が大きく向上します。

  • スピードクラス …… Class 10
  • UHS-I
  • UHS クラス … 3
  • 最大読込速度 ………… 100 MB/秒
  • 最大書込速度 ………… 90 MB/秒
  • 保証期間10年

僕はよく動画撮影をするので、この 128GB モデルをメインに使っています。数年前の 64GB モデル程度の価格まで下がっているので、コストパフォーマンスは群を抜いて良いです。

ここまで処理速度の性能が良い SD カードはなかなかないので、よくこの価格で販売できるなぁと関心してしまうほどです。

海外メーカーでも安心してください

家電であれば日本のメーカーを選ぶ安心感は確かにあります。でも SD カードに限っては、世界規模で見ても日本のメーカーが主軸ではありません。TOSHIBA といった選択肢はあるものの、micro SD カード市場は Samsung や SanDisk が中心で回っている感が強いのが現状です。

僕は大容量かつ コストパフォーマンス重視 なので Samsung 製の製品と、次に紹介する Transcend 製の SD カードを利用しています。ここ10年くらい買い替えや買い増しを続けて、保有枚数は10枚を有に超えています。

実際に使い続けて安心できるもの、そして高い評価がきちんと得られている製品を選出しているので、その点はご安心ください。

万人におすすめできるマイクロ SD カードその2

  • スピードクラス …… Class 10
  • UHS-I
  • UHS クラス … 1
  • 最大転送速度 ………… 95 MB/秒
  • 保証期間5年

SAMSUNG EVO Plus と同様にコストフォーマンスが高い microSD カードです。書込み速度は正式に明記されていませんが、実測で 35 MB/秒 あたりが平均値です。

前述の EVO Plus の最新モデルがあまりにも性能が良すぎて、これまで同じくらいオススメしていたこちらのマイクロ SD カードが劣ってしまう結果となっています。

ただ SD カードの価格は変動しやすく、128GB でもかなり安く購入できるタイミングがあります。必要な性能はよくわからないけど大容量のほうが安心という方は、128GB モデルも選択肢として検討してみてください。性能は 64GB モデルと同じです。

東芝の製品を購入するなら要注意

  • スピードクラス …… Class 10
  • UHS-I
  • UHS クラス … 1
  • 最大転送速度 ………… 48 MB/秒
  • 保証期間5年(国内正規品のみ)

日本のメーカーの製品を使いたいと、東芝の micro SD カードを候補に挙げている方に注意です。また SanDisk の製品の場合も同様です。

ネット上で販売されているこれらメーカーの製品は「国内正規品」と「並行輸入品」が入り混じっていることが多いです。並行輸入品は日本に向けた商品ではないため、低価格で販売されている反面、国内サポートが受けらないと言った条件が加わります。

メジャーなメーカーだから安心と思って買ってしまい、きちんとサポートが受けられないと後から困ることがあります。必ず国内正規品か海外向け製品なのかを確認して、購入するようにしましょう。

TOSHIBA の国内正規品は Samsung や Transcend の値段の倍近くします。さすがに高すぎます。。

シェア率重視で SanDisk

  • スピードクラス …… Class 10
  • UHS-I
  • UHS クラス … 1
  • 最大転送速度 ………… 30 MB/秒
  • 保証期間10年(国内正規品のみ)

SD カード市場では利用者の多い SanDisk ですが、ネットショップだと TOSHIBA 同様になかなか国内正規品が見つかりにくく、割高で売られていることが多いです。

ブランド力を基準に購入したい方はそれはそれで良いのですが、国内正規品で入手できるものはそれほど性能が良いわけではないので、その点も考慮してご検討ください。

並行輸入品は国内サポートが無いので、購入の際は気をつけてください!

ハイスペックすぎる microSD カードは宝の持ち腐れ?

  • スピードクラス …… Class 10
  • UHS-II
  • UHS クラス … 3
  • 最大転送速度 ………… 150 MB/秒

転送速度が最速で 150MB/秒 のモンスター級の microSD カードです。でも Android 端末では性能を活かしきれません。

性能を重視しているなら Samsung Evo Plus の 128GB 以上のモデルを選択すれば、十分に満足度を得られます。

値段から選ぶのは止めたほうが良い

以前は他にも台湾メーカーの格安な microSD カードも紹介していたのですが、実際に使ってみて初期不良率が高かったので掲載を止めました。安く買っても安定して使えなければ、手間だけが残ります。

もし安くて品質が高ければ、それ相応の人気があるはずです。事実 Sansung の EVO シリーズは、上位に Pro シリーズがあったにも関わらず、性能に対する価格の安さで大人気となり、経年と共に容量に対する値段が安くなりつつもバージョンアップで性能は Pro に追いついてしまいました。(一方で Pro はドラレコ向けにシフトチェンジ)

どれが良いのか迷ったら、上記にあるどれかから選んでおけば間違いありません。

参考として Amazon と楽天の売れ筋ランキングも掲載しておきます。国内サポートの無い、並行輸入品がランクインしているのが個人的には気になります。SanDisk ブランドがそこまで良いとは思えないのですが、どうなんでしょう。

microSD カード製品比較用リスト

では最後に、今回紹介した microSD カードの一覧を掲載しておきます。数値的に比較できるので自分に適した SD カードをぜひお選びください。

製品名リンクUHSUHS
Class
最大読込最大書込
★迷ったらこれ①★
Samsung EVO Plus
64GB
UHS-I3100 MB/S60 MB/S
★おすすめ★
Samsung EVO Plus
128GB
UHS-I90 MB/S
★迷ったらこれ②★
Transcend
64GB
UHS-I195MB/S
(書込は上記以下)
★大容量でコスパ良し★
Transcend
128GB
※並行輸入品に注意※
東芝 EXCERIA
64GB
UHS-I148 MB/S
(書込は上記以下)
※並行輸入品に注意※
SanDisk Ultra
64GB
UHS-I130 MB/S
(書込は上記以下)
Lexar Professional
1000x 128GB
UHS-II3150 MB/S
(書込は上記以下)

以上、Android 用おすすめの SD カードの紹介でした。

この記事をシェアする

最新の更新情報は、Twitter、Facebook、Freedly にてお届け!

NJ-CLUCKER RSS

このブログの運営者

NJ

元システムエンジニアから、個人事業主として独立。Web サイト運営、動画制作など活動の場を広げています。このブログでは、困ってたどり着いた人に、分かりやすく答えを提供できるように心掛けています。

更新情報は、Twitter や Facebook ページを参照ください。フォローお待ちしています。

Facebook ページ NJ-CLUCKER
このブログが役に立ったら
「いいね!」お願いします