楽天銀行へのおすすめ入金方法は ゆうちょ銀行との連携!振込手数料0円でオンライン手続きできる

公開日:
ゆうちょ銀行から楽天銀行への振込は手数料0円

我が家では楽天銀行を家賃の振込用口座として使っています。毎月おまかせ振込予約を設定すれば、毎月決まった日に指定口座へ自動的に振り込まれるので、使い勝手も良好です。

しかし我が家では楽天銀行へ直接入金する取引がないため、必要に応じて他の口座から預金を移動しなければいけません。毎月 ATM から入金するのも大変です。そこで僕が利用しているのが [ゆうちょ銀行本人名義口座からの入金] のサービスです。

簡単に説明すると、楽天銀行と同じ口座名義であれば、オンライン上でゆうちょ銀行から手数料0円で楽天銀行に入金できるサービスです。

書面の提出など最初に手続きが必要ですが、ATM へ行く手間がなくなりスマホでも簡単に預金移動できるようになります!しかも ATM では3万円未満だと入金手数料が取られましたが、このサービスを使えば少額の入金でも手数料は0円になるのが嬉しいポイントです。

ゆうちょ銀行からの入金サービスについて

サービスを利用するには?

楽天銀行のサイトで申請手続きをして、ゆうちょ銀行で登録している印鑑を捺印した書類を郵送すれば利用できます。手続き完了まで約1ヶ月ほど時間がかかります。

メリットとデメリット

  • いくら振り込んでも手数料は0円
  • 楽天銀行のサイトから申請できる
  • ATM に行かなくて済む
  • 入金申請から処理されるまで少し時間がかかる(最長で翌営の夕方)

ゆうちょ銀行が給与口座になっていたり、メインバンクとして利用している人にメリットが大きいサービスです。

では具体的なサービス開始するための手続き方法と、実際に入金処理を行う流れを紹介していきます。

ゆうちょ銀行からの入金サービスの申し込み手順

全体の流れ

  1. ゆうちょ銀行口座を楽天銀行で登録
  2. 自動払込利用申込書が届くので捺印して返送
  3. ゆうちょ入金の設定完了の連絡が届く
  4. 楽天銀行のサイトでゆうちょから入金可能になる

おおまかな流れは、オンライン申請して数日後に届く書類にゆうちょ銀行の届出印を押印して返送すればおしまいです。

ゆうちょ銀行の口座登録手順

楽天銀行のトップ画面 から [入金方法] のメニューを選択。

楽天銀行トップ画面から入金方法を選ぶ

[ゆうちょ銀行から入金する] ボタンを押す。

[ゆうちょ銀行から入金する] ボタンを押す

ゆうちょ銀行口座の通帳記号・通帳番号を登録。通帳記号や中央の3桁、通帳番号は末尾を除いた番号を入力します。

ゆうちょ銀行口座の通帳記号・通帳番号を登録

ここで入力するゆうちょ銀行口座は、楽天銀行と同じ口座名義人でないとダメです。家族の口座など他人名義の場合は、手続きできないので気をつけてください。

これで申請は完了です。ひとまず楽天銀行から封書が届くのでしばらく待ちます。

送られてきた自動払込利用申込書に捺印

申請してから約1週間ほどで楽天から封書が届きます。次のような自動払込利用申込書がついているので、ゆうちょ銀行の届出印を捺印して楽天に送り返します。

自動払込利用申込書に捺印

ここから数週間待ちます。

楽天銀行に返送したものは、ゆうちょ銀行に送られて手続きされるため、かなり時間が掛かります。

楽天銀行からお知らせが届く

ゆうちょ側での設定が終わると、楽天銀行からメッセージがありますとメールが届きます。楽天銀行のサイトにアクセスして、ゆうちょ入金の設定完了メッセージが表示していれば手続き終了です。

ゆうちょ入金の設定が完了したお知らせ

では実際に [ゆうちょ銀行] から [楽天銀行] へ入金してみましょう。

ゆうちょ銀行から楽天銀行へ入金する方法

楽天銀行のサイトへアクセス

手続きは楽天銀行のサイトで行います。ゆうちょダイレクトから行うと、通常通り手数料が掛かるので気をつけてください。

楽天銀行のトップ画面 から [入金方法] のメニューを選択して [ゆうちょ銀行から入金する] ボタンを押します。

[ゆうちょ銀行から入金する] ボタンを押す

金額と暗証番号を入れて申請

ゆうちょ銀行からの入金額を入力します。

ゆうちょ銀行からの入金額を入力

楽天銀行の暗証番号を入れて、申請を行います。このとき入金予定日を確認しておきましょう。 [実行] すると取り消しはできないので、気をつけてください。

暗証番号を入れて入金予定日を確認

あとは入金される時間を待つのみです。

平日であっても即時入金されません。14時までに申請すれば当日の22時以降、それ以降は翌営業日の17時半以降に入金されます。

ゆうちょの引き落としが先に行われる

楽天銀行の入金処理は、申請した時間に応じて17時半もしくは22時に実施されます。ゆうちょ銀行の出金処理はもっと早いタイミングで実施されるので、ゆうちょ銀行の残高は減ってるのに楽天銀行の残高が増えていない時間帯が存在します。

これはエラーではなく楽天銀行の仕様です。最初は入力ミスしたんじゃないかと焦りましたが、その日のうち解決するので安心してください。

申し込みの手間は掛かりますが、このゆうちょからの振込手数料0円のサービスは本当に便利な機能です。確実に楽天銀行の使い勝手が良くなるので、ぜひ申請してみてください。

この記事をシェアする

最新情報は Twitter、Facebook、Freedly にてお届け!

NJ-CLUCKER RSS

このブログの運営者

NJ

元システムエンジニアから、個人事業主として独立。Web サイト運営、動画制作など活動の場を広げています。このブログでは、困ってたどり着いた人に、分かりやすく答えを提供できるように心掛けています。

更新情報は、Twitter や Facebook ページを参照ください。フォローお待ちしています。

おすすめページ